GUでオシャレになる!

これぞマストバイ!7000円で買えるGUスーツがさらに進化した!!【見逃すと損!】

 

スポンサーリンク

 


 

今回はGUのスーツをご紹介します。
GUのスーツ、実はかなりクオリティが高いんです
 

過去最高?!GUスーツのすごさとは?

 

GUのスーツは長年展開されているのでご存知の方も多いでしょう。
何となく知ってはいるけれど、GUでスーツを買うなんて考えられないからとスルーしている方もいるかもしれません。
そう考えている方はまず着用画像を見てみてください。
 


 

これ悪くないでしょう。裾以外はお直しもしていません。
すごくシルエットが綺麗で、写真だとわかりづらいかもしれませんが素材感も悪くありません
 


GU
カットソージャケットCL+E(セットアップ可能) 4,990円


 


GU
カットソーテーパードトラウザーCL+E(セットアップ可能) 2,490円


 

着用しているのはこちらの2点。
GUではリネン素材やドライストレッチ素材、チェック柄など様々なバリエーションのセットアップを長年展開しています。
その中でも個人的には今回のカットソー地のセットアップが一番好み
カットソー生地と聞くとペラペラなものを思い浮かべがちですが、このセットアップの素材は全くそんなことはありません。
 

長きに渡るGUスーツの歴史を辿ると、最初の方に出ていたカットソー素材のスーツは正直頼りないものでした
ペラペラ感はそれ程なかったけれど、テカリが気になるいかにも安っぽい素材感。
上下7,000円ならお得だけれど、仕事ではちょっと使えない。遊び用のスーツとしてたまに出かけるときに使えるくらいならまあアリかな・・・という感じでした。
ただ最近のGUスーツはビジネスシーンで使う方も多い。
 

今のロゴになる前の、GU初期の頃をご存知の方もいるかもしれません。
その頃は安い什器とハンガーラックが使われていて、素材感も粗悪。安かろう悪かろうな量販店の典型でした。
その後ロゴを変え洗練されたGUへとイメージ転換を図り、今っぽい安物を出すだけでなく、少し質の良い大人でも着られるものを展開するようリブランディングを始めたのがGUの歴史。
 

30代以上の人は昔のGUを知っている方も多いので、「GUって10~20代の若い人が買うところでしょ」と捉えている人も結構いるはず。
確かに昔は本当に10~20代前半の若い人ばかりでした。
しかし今では銀座のGUに行ってみると、スーツを着ているビジネスマンやおじさん、おじいちゃんなど大人の方がかなり多い
 

特に30~40代のビジネスマンは、ファッションに興味がなくてもそれなりに審美眼をもっている。「あんまり悪いもの、安っぽいものは着れないな」という思いが働くわけです。
だから「GUのスーツってちょっと嫌だなあ・・・」と感じるのが普通だと思います。
 


 

しかし去年辺りからそうした審美眼をもった人達が手に取れるぐらいのクオリティになってきています。実際GUに行くとビジネスマンはたくさんいて、おしゃれな人も増えている。
実は私の周りのアパレル関係者でも、GUのスーツ着ている人は意外といるんです。
 

カジュアルなお店のアパレル店員さんだと案外スーツを持っていないこともある。
そんな中私の知り合いがたまたまスーツを着ないといけない機会があり、どうしようか悩んだときに「MBくん、GUがスーツやってるって言ってたな」と思い出して急場しのぎに購入したらしいのです。
ただ着てみると案外良くてその後も日常着として使っている人が2~3人ぐらい私の周りでもいるくらい、GUのスーツは出来が良い。
 

昔のGUスーツを思い浮かべてしまう人は、是非考えを改めてカットソージャケットとカッスラックスを手に取ってみてください。
昔使われていたテカリのある安っぽい素材ではなく、斜めに走る綾目がくっきり見えるような肉感のある素材です。
遠目から見れば、ジャケット1枚で3~4万円する高級ブランドが作っているようなジャケットに見えます
 

近くで見るととてもソフトな印象。肩パットや芯がなく落ち感があり、カーディガンのような雰囲気。
なのでちゃんとしたスーツではないとわかるけれど、安っぽい印象は全然ありません。
なのでオンスタイルでも問題なく使えて、Tシャツと合わせれば普段着としてももちろん使えます。
 


 

シルエットもかなり綺麗です。
初期の頃のGUスーツはバキバキに細いシルエットで、まだどういうシルエットにすればいいのかよくわからず迷っているのだろうと感じる部分がありましたが・・・今は細いところは細くして、広げるところは広げるメリハリがありつつもナチュラルなシルエット
例えば着丈はそれほど長くせず、ウエストはシェイプを作って締めるところは締めています。
 

けれどスーツはパッツパツに細ければかっこいいというわけではない。やりすぎるとシワが寄って窮屈に見えてしまう。
なので胸の幅はゆとりをもたせ、広げるところは広げて細くするべきところは細くする。
長年スーツを展開していく上で、体型を綺麗に見せるバランスが確立してきている印象です。
 

あとは裏側も昔とは異なります。
昔のGUスーツは裏側が結構雑な作りでしたが、最近はとても丁寧にパイピングが施してあり、かなり綺麗なしっかりとした作り。
裏地は背抜き仕様でポリエステルが使われていますが、高級スーツで使われるキュプラに見えるようなポリエステルを選んでいて非常に良いバランスです。
 

背抜きではなく総裏が欲しい人も結構いるかもしれませんが・・・実は最近ジャケットは背抜きの方が売れるんだよね。
背抜きとは、背中の上部にだけ裏地が貼ってあり、総裏は文字通り背面全てに裏地が貼ってあるジャケットのこと。
 


<裏地が上部にのみついている背抜き仕様>


 

昔の考え方言だと「背抜きは春夏用」「総裏は秋冬用」と捉える人も多かったけれど、最近だと「背抜きはオールシーズン用」「総裏は秋冬用」と考える人が増えています。
なぜかというとインナーウェアの機能が上がっているから。
「背抜きだと冬場寒いんじゃないか」と思うかもしれませんが・・・ヒートテックなど機能肌着の性能がどんどん向上してるので、ドレスシャツの下にヒートテックを入れれば保温性も防寒性も問題なくなる
 

そして総裏のジャケットを買ってしまうと、裏地が全面に張ってあり暑すぎるから春夏は使えない。
それなら背抜きのジャケットで、冬は機能肌着を入れて一年中使えるようにすればいい・・・と考える人が増えてきているわけ。
背抜きと総裏。どっちを選ぶかと言われた時に、オールシーズン使える背抜きを選ぶ人が少しずつ増えてきている実感があります。
 

私の知り合いのアパレルブランドも、ジャケットは背抜きの方が売れるから最近は全部背抜きにしているところもすごく多い。総裏のジャケットを作っていないブランドも少しずつ増えており、これは別に悪いことではありません。
コスト削減のために背抜きにしてるのかと思う人もいるかもしれませんが・・・もしかしたらそれも事実かもしれないけれど、背抜きのジャケットが重宝される時代の流れになっているのも事実です。
 

作りは本当にオーセンティックで定番的。
ジャケットは2つボタンでVゾーンが比較的広め。シンプルなのでオンオフ兼用できそうなデザイン。
スラックスも基本的には細めです。ウエスト、太もも周りはややゆったりしているけれど、裾に向けて綺麗にテーパードしているのが特徴かな。
本当にシルエットも綺麗で厚みのあるもっちりとした高級感が出ている素材。これで上下合わせて7,000円程なら買わない理由がわからないくらいすごく良い出来です。
 

スーツは○○で崩す!簡単におしゃれになるには?

 


 

ブラウンベースの上下で合わせるとクラシックな印象に。
中に着ているTシャツも写真では伝わらないかもしれませんがあえて白ではなくクリーム色にしています。
大概はセットアップに黒やネイビー、インナーのTシャツには白を選びがち。
こうした黒や白などパキっとしたモノトーンカラーではなく、黒にほんの少し赤い色味が入ったダークブラウンや、白にベージュが加わったクリーム色を選んでみる。
このように少し色味を加えたアイテムを使うと、普段のモノトーンの着こなしよりもおしゃれな印象を作れます。今年の秋冬はこうした少しだけ色味を感じさせるカラーアイテムに挑戦するのもおすすめです。
 


 

こちらはちょっと面白い着こなし。
あえてパンツの裾を直さずクッションを付けてルーズな印象に。
インナーに合わせているシャツも着丈の長いものを使い、上下共ルーズなサイズ感で着用しています。
その代わりインナーはTシャツではなくツヤ感のあるドレスライクなシャツと足元には黒の革靴を使いかなりフォーマルな印象に。
デザインはドレスライクにまとめ、シルエットを崩してカジュアルにという考え方です。
 

GUと比べるのは少しおこがましいですが、コムデギャルソンやヨウジヤマモトなどのハイブランドでも見られる着こなしですね。
どちらのブランドもテーラードのスタイルを基本にしています。
毎シーズン必ずジャケットにスラックス、インナーにはシャツを入れてハットを被り革靴履いて・・・というスタイルをベースとしていますね。
 

ギャルソンは特にスーツスタイルを打ち出すけれど、そのスーツスタイルをいかにして崩すかという点にフォーカスしている。
シルエットで崩したり、ビリビリに生地を破いたり、プリントや刺繍を入れたりと様々なアプローチでスーツスタイルを崩しています。
この着こなしも同じように、フォールなスーツのデザインをダボダボなシルエットで崩すことでドレスとカジュアルのバランスを取っているわけ。
もちろんこれはオフスタイルの話ですが、今年はこんな着こなしもぜひ試してみてはいかがでしょうか。
 

洋服を着こなす上でバランスは非常に大切
基本的にはどこかをかっちりとさせ、どこを崩すのかという考え方で成り立っています。
色、デザイン、シルエット、素材・・・どこかで崩すポイントを入れてバランスをとるわけです。
 

なぜバランスをとるのか・・・考えてみてください。
日常着にばっちりスーツだとキメすぎで嫌味っぽい印象になってしまう。かといってパーカーにスウェットパンツ、スニーカーだと崩しすぎでコンビニに行くようなだらしないスタイルになってしまう。
キメたところを少し崩すと考えると、おしゃれに近づけます。
なのでスーツスタイルを作り、オーバーサイズにしてシルエットで崩す。もしくは明るい色味やシワのあるリネン素材で崩す。
このようにどこかの要素で崩しを入れると、非常にわかりやすく簡単におしゃれができるので是非意識して着こなしを考えてみてください。
 
あとひとつだけ気をつけておいてほしいのは、ジャケットの裾に×で縫われている仮縫いは切るようにしておきましょう
この×は仮縫いでシワがつかないように施されている仕様なので、購入後はハサミで切らないと裾が開かなくなってしまいます。購入したら糸を切ることを忘れないようにしてください。
 
 
ということで今回はGUのカットソージャケットとスラックスをご紹介しました。
今年のモデルはかなり出来が良く、これだけ肉厚で高級感のある素材は今までのGUの中
では見たことがないレベルです。是非手に取ってみてください。
 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月550円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. オシャレになる前の基礎知識

    「何を買うか?」ではなく「どう着るか?」【アパレルは消費から学習へ】
  2. MBラボ

    「週間MBラボ」本日19〜19時半あたりから放送開始です。
  3. メルマガ告知

    人気企画「MBの私服」秋冬の展示会でGETしたものをご紹介!!
  4. オシャレになる前の基礎知識

    セレクトショップとは何か??nano universe/ナノユニバース、UNITEDARROWS/ユナイテッドアローズはどんなお店か??アパレル業界解説
  5. メルマガ告知

    ユニクロルメールの着まわしを徹底指南!!!初心者向けから上級者向けコーディネートまで一挙解説!!【メールマガジン2016年3月13日配信予告】
PAGE TOP