お金をかけないオシャレ

夏の定番!「白Tコーディネート」の正解例を一挙紹介!白Tシャツの限界に挑戦!

 

スポンサーリンク

 

 

今回はシンプルな白、黒Tシャツの着こなし指南をお届けします。
毎回同じような着こなしになってしまい悩んでいるという方必見です!
 

「おしゃれは足元から」の真意とは?

 

 

まず1つ目は白Tシャツと黒のスラックスのオーソドックスな着こなし。
この着こなしのポイントは小物です。
足元の革靴にはエナメル素材でツヤ感が強いものを選び、顔周りにはメガネをつけている。たったこれだけですが普段と印象が大きく変わります。
もちろんシルエットを綺麗に整えているということもポイントとしてはありますが、今時ユニクロで揃えてもシルエットは綺麗に整えられる。なのでシルエットが綺麗なだけではなかなか差別化できません。
 

ではどうするかというと・・・目立つ部分に投資をしましょう。
目立つ部分というのは、足元と顔周りです。
私たちの視線というのは常に動いていますよね。その中でふっと目が留める部分というのは目立ちやすい。
その目が留まる部分がどこかというと、先端である足元や顔周りなわけ。
だから極めて目立つポイントである足元と顔周りには投資すべきなのですね。

 

そしてファッションの投資はビジネスにおける投資と同じで、効果が出やすい目立つところにお金をかけるのが基本です。
ただお金をかけると言っても、別に高いものを揃えようと言っているわけではありません。白Tシャツや黒スラックスはユニクロでも構わないけれど、普段かけないメガネを買ってみて、靴には高級感が表現できるものを選ぼう、ということです。
 

靴はエナメル素材のものを選ぶと、光が反射して光沢が増すので高級感を表現できます。
ただエナメルといってもすごく値が張るわけではありません。
エナメルというのは結局加工なので、元の素材が合皮だろうと本皮だろうと風合いはほとんど変わらないわけですね。

 

なのでエナメルのシューズを安く手に入れたいなら、ゾゾタウンや楽天で販売されている1~2万円程のエナメルのシューズを合わせると高級感を表現できるため、いつもの白Tシャツと黒スラックスの着こなしが全然違って見えます。ぜひ試してみてください。
 

メガネはなぜ入れるかというと、メガネにももちろん高級感があります。
フレームにツヤ感のある分厚いものを使うとラグジュアリーな印象になりますが、そこまでしなくてもメガネをかけるというだけでアイテム数が1個増えるわけです。
夏のコーディネートがどうして地味になるかというと、トップス、ボトムス、靴という最低限度のアイテム数で済んでしまうから。
地味な印象とコーディネートのアイテム数というのは反比例の関係にあるわけですね。
アイテム数が増えるほど地味な印象は消えていきます。
メガネをつけているだけでコーディネートの中で使うアイテム数が一つ増え、それだけで地味な印象が解消されるわけです。
 

定番の白Tシャツと黒スラックスの着こなしを差別化したいなら、ぜひメガネや靴など先端部分を意識してみてください。

 

「トレンド」を避けていませんか?

 


 

こちらもユニクロの白Tシャツに黒スラックス、足元は2,000円程で買えるグローバルワークのエスパドリーユというスリッポン。全て安物で揃えたとてもシンプルな着こなしです。
それでも小洒落た印象がありますよね。
サングラスを入れているのには気づかれると思いますが、もう一つポイントがあります。
それはタックイン。タックインをするだけで地味な印象が払拭されるのでおすすめです。
 

タックインはメルマガ初期の頃から提案し続けていたのですが、当時は「タックインなんてできないよ」という声がとても多かった。
けれど今街中を見るとタックインをしている人が随分増えていることがわかります。
タックインのトレンドは絶頂期に向かっており、今後皆がタックインするようになると、差別化できずおしゃれに見えなくなってしまう。なので今年から来年にかけてタックインを取り入れるのはとてもおすすめです。
 

なぜタックインをしておしゃれに見えるかというと、皆がまだやっていないからなんですね。
「トレンドに流されたくない」という方もいるかもしれませんが、そもそもトレンドの意味を勘違いしている方も多い。
トレンドというのは、皆がやっていない今一番差別化できることだからトレンドなわけです。
TVや雑誌でトレンドと言って注目するのは、それがまだ皆がやっていない特別なことだから。もし皆がトレンドを実践しているなら、それはトレンドではなく定番です。
 

「おしゃれ」と評価されるのは、皆と何かが違う部分があり、定番との差別化ができているからこそ。
皆と全く同じなら区別されずおしゃれと認識されません。
その「皆と違うポイント」というのがトレンドなわけです。
そしてタックインはまさに今トレンドの絶頂にあり、差別化できるポイントなので今年ぜひ取り入れてみてください。
 

あとタックインの方法というのはいくつかあります。
スーツを着用するときみたいにビシッとトップスをインすると脚が短く見えてしまう。
なぜ脚が短く見えるかというと、腰の位置がモロバレになるから。
我々日本人は元々脚が短いので、腰の位置を目立たせるとどうしても短足気味に見えてしまうわけ。
この解決方法は2つありますがここでは一つだけ説明します。それはパンツと靴の色を合わせて靴の分だけ脚を長く見せること。
この着こなしでもパンツと靴の色を同じ黒にしています。そうすると靴が脚と一体化して脚長に見える。
これだけでタックインスタイルは洗練されてかっこよくなるのでぜひ試してみてください。

 


 

あとはパンツのシルエットをいじるだけでも、シンプルな印象を簡単に変えられます。
こちらは細身の黒スラックスを合わせており、デートスタイルでも使えそうな大人っぽくスマートな印象に。スーツの着こなしというのは上下細身なので、そのシルエットに寄せるほどスーツに近くなり大人っぽい印象が出せるわけ。
 


 

対してこちらのように太めの黒スラックスを合わせると、スーツのシルエットから外れるので先程よりラフな印象になりますね。
例えば昼のデートは太めのパンツでラフに、夜のデートは細めのパンツでスマートに、というようにシルエットによる印象の変化をTPOに合わせて切り替えるのも面白いのでぜひ試してみてください。

 

大人の柄使いで地味さを払拭!

 


 

白Tシャツと合わせるパンツに柄を入れてみるのも、着こなしのバリエーションを増やすのに効果的。
そのときに無彩色のチェックやストライプ柄などスーツで使われるクラシカルな柄を選ぶと、それほど子どもっぽくはなりません。
柄を入れるという話をすると「いやもう歳だし柄なんて無理だよ」と言う人もいますが、スーツで使われる柄なら抵抗なく取り入れられると思います。
 

シンプルな印象を払拭する方法は、先程お伝えしたアイテム数を増やすこと以外に柄を使うという方法もあります。
ただむやみやたらに色物の柄を入れると子どもっぽくなるため、黒やグレーなど無彩色のクラシカルな柄を使うのがおすすめです。

 

ちなみにこのスラックスと靴はZARAのもの。Tシャツはヘインズでメガネはユニクロ。実は全てファストファッションで買えるものなんです。
でもなんとなくおしゃれに見えるでしょう。洋服というのは着こなし方次第なわけですよ。
おしゃれというのはモノと着こなしそれぞれの価値が合算したところで評価が決まります。
もちろんモノと着こなし、両方良いものである方がおしゃれはしやすいけれど・・・お金がない場合には、モノを犠牲にしても着こなしでいくらでもカバーできることを認識してみてください。
 

 

あと少しマニアックな話になりますが、一口にスラックスと言っても様々な種類があります。例えばこのスラックスはハイライズでウエスト位置が高いもの。
実はローライズかハイライズかでも印象は大きく異なるんですね。
 

このスラックスはハイライズで、タックインしたときに脚が長く綺麗に見えます。クラシックなスーツでもよく見られる形。
 

例えばカジュアルなユニクロのイージーアンクルパンツは、股上がそこまで深くない。それをタックインしても全然問題ありませんが、よりかっこよく見せたいなら腰の位置が高く見えるハイライズのスラックスを選ぶのも一つの方法です。
 

「黒の細身スラックスは1本持ってるからもういらないや」と思っていると、着こなしに広がりがなくなるので、気になるスラックスがあったらぜひ試着してみてください。
同じ黒の細身スラックスでも、ハイライズかローライズかで着こなし全体の印象が大きく変わります。
 

スタイル良くみせる色使いで差別化を

 


 

こちらは若々しい印象のコーディネート。白シャツにインディゴデニムの着こなしは、本当に無難なのでなかなかおしゃれに見せるのは難しいところ。
インディゴジーンズに合わせる靴は、黒ではない色を選ぶのがおすすめです。
 

もちろんケースバイケースではありますが、薄い色のインディゴデニムに黒の靴を合わせると、色差が激しくなってしまい脚の長さがモロバレになって短く見えてしまいます。
ではどうすればいいかというと、パンツの色と靴の色をなるべく近くしてみてください。
明るいインディゴデニムに白靴を合わせると、比較的色が近いため一体化して脚長に見えるというわけ。
このように色差を利用してスタイルを良く見せるテクニックは覚えておくと便利です。
 

インディゴデニムに白スニーカーを合わせると、どうしてもカジュアルでやんちゃな印象になってしまう。なのでこの着こなしではレザーのグルカサンダルを使っています。
 

グルカサンダルとは革靴に穴が開いたようなデザインのサンダル。レザーでフォーマルな印象なのに加え、サンダル状で通気性が良く夏でも使える。
夏にフォーマルな白靴を履きたいなら、スニーカーよりもグルカサンダルを使ってみてください。
 

大人っぽく見せられるワントーンコーデ

 


 

これは面白い着こなしでしょう。個人的にかなり好みです。
あえて全てのアイテムを白にしたワントーンコーディネート。ワントーンにすると基本的にフォーマルで大人っぽい印象が出やすいんですね。
 

コーディネートでは色数を増やすほど子どもっぽい印象になりがちです。
例えばコンビニに行くようなラフな格好では、色落ちしたジーンズやカラフルなTシャツにサンダルを使ったりします。そうした格好がなぜリラックスした雰囲気に見えるのかというと色をたくさん使っているから。
対して冠婚葬祭など格式の高い場所で着用するスーツは、黒のスーツに白のシャツ、黒か白のネクタイと色はほとんど使いませんよね。色数が少ないほど、フォーマルで大人っぽい印象になります。
 

この着こなしも、Tシャツにショートパンツというすごくカジュアルな着こなしですが、全部白にすると大人っぽく見えるでしょう。
メンズのファッションでは基本的に大人っぽい方がかっこよく見えるので、白Tシャツを大人っぽく着こなしたいならワントーンでまとめて色数を減らしてみてください。

 

垢抜けた夏コーデを作るには?

 


 

黒Tシャツに濃い目のデニムや黒パンを合わせる方は多いと思いますが、それだと重苦しい印象になってしまい季節感を表現できないのが夏の悩み。
 

それは仕方のないことで、パンツは黒系やダークカラーが圧倒的に多いのです。
その理由は重力と関係があるから。
私たちは重力により、重いものが下にある状態を基本と捉えています。そして色にも重力があり、暗い色は重く明るい色は軽く感じるのです。だからパンツに暗い色を置く方が自然に捉えやすいわけ。試着してしっくりくるのは暗めのパンツなんですね。
 

ただここではあえて重力に逆らいパンツに白を置き、違和感のある白のパンツを目立せてコーディネートが垢抜けるようにしています。

 

上下黒に季節感をプラスしたいなら

 

どうしても上下黒で合わせたい方はワンポイントで小物を使うのがおすすめです。
こちらはオレンジのベルトでアクセントをつけていますが、派手な色を好まないなら白でもOK。
このようにタックインをしてベルトを見せることで、上下黒の重苦しさは若干ですが緩和されます。
少しでも夏らしさを加えたいときは小物で主張するのもおすすめです。
 

以上、白黒Tシャツの差別化できる着こなしをご紹介しました。参考になるコーディネートがあればぜひ取り入れてみてください。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月550円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. アウター編

    2015-16年秋冬はどのPコートを買えばいい!?WEGOのPコートとBEAUTY&YOUTHのPコートを比べて見えてくる「素材の差」
  2. MBラボ

    MBラボ第3期生募集!!家と仕事で終わらせない。充実した人生に必要なのは「部活」である。
  3. オシャレになる前の基礎知識

    シャギーって?ネップって?メルトンウールって?ツイードって何?分かりにくすぎる秋冬アパレル用語を学ぶ
  4. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    ユニクロのウールブレンドニットジャケットがヤバすぎる件
  5. メルマガ告知

    全身ユニクロでもオシャレは出来る!!白シャツ一枚で作るオシャレコーディネートの秘技!!【メールマガジン2016年4月17日配信予告】
PAGE TOP