2016年オススメ夏のメンズサンダル。迷ったらとりあえずコレ買っておけってヤツ。

2016年7月15日




 

スポンサーリンク

 




今は梅雨時期でジメジメしているけれど、これがすぎると本気の夏がやってきます。
暑くて何も考えたくなくなる暑い夏。

そんな時に重宝するのが「サンダル」
革靴はもちろん敬遠しちゃいますが、スニーカーでも「蒸れ」を感じてなるべく避けたい気持ちになるでしょう。
私も真夏はソックスを履くのに抵抗を感じちゃったりします。

 

ところが巷にあるサンダルはとにかくカジュアルなものばかり。

 

pic747
Photo by http://crocs-outlet.up.seesaa.net/image/pic747.jpg

クロックスや

 

1660215_0[1]
Photo by http://zakka5.com/sale/2010/4/1/1660215_0[1].jpg

ビルケンシュトック

 

tommy-sandal-dot3
Photo by http://shopping.c.yimg.jp/lib/frames/tommy-sandal-dot3.jpg

ビーチサンダルなど。


 

どれも別に悪いものではありませんし、使い方次第でいくらでもオシャレにも出来ますが・・・
「何も考えずにパッと合わせてもそれなりになる」といった類のものではありません。

 

こういったサンダルはどうしても子供っぽい印象になりがち。
清潔感が失われて、ラフすぎる雰囲気に偏りがちです。

 

メンズのオシャレで肝心なことは「大人っぽく」見せること。
ここをまず意識すると着こなしは大きく変化し、周りから評価されやすくなります。

 

日本人はそもそも胴長短足顔が大きく、欧米人に比べて未熟な体型です。
加えて顔つきも童顔が多く、どうしても「幼く」見られてしまうものです。

 

さらに市場にある洋服の多くがアメリカンカジュアルの影響でラフで子供っぽいものばかり。
アメカジが絶対NGという話ではもちろんありませんが、カラフルなプリントTシャツやカジュアルな色落ちデニムを履いて
「おしゃれ」を作るのは案外難しいものです。どうしても皆子供っぽく見られてしまいます。

 

体型的にも市場的にも「ラフで子供っぽい」スタイルが多い日本ですから、
オシャレになろうと思ったら「かっちり大人っぽい」スタイルを目指すのが最も簡単で、周りから褒められやすいです。

 

オシャレはいわゆる「差別化」で成り立つものです。
周りと同じ服装をしていて「おしゃれ」と褒められることはまずありません。
評価されるということは特別視されるということであり、特別視されるということは「他と何かが違う」ということに他なりません。

 

周りが子供っぽいカジュアルなスタイルに傾倒しているのであれば、
自分は大人っぽいドレスライクなスタイルを目指すのは至極真っ当な正解への帰結です。

 

このあたり詳しくは下記記事を一読ください。


※「ドレスとカジュアルのバランス」に関して未見の方は下記記事を一読ください。メンズファッションの大原則が理解できます。
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?


 

 

大人っぽいサンダルとは?


 

話を夏のサンダル選びに戻しましょう。
サンダルを選ぶ時に気をつけなければいけないのも上述の「大人っぽさ」です。

 

では大人っぽいサンダルとは何か?

 

一つは切り替えなどのデザインをなくし、シンプルに徹したものを選ぶと良いでしょう。

 



[ビルケンシュトック] BIRKENSTOCK BIRKENSTOCK/MADRID

 

例えば同じビルケンシュトックでもこういったモデルがあります。
一昨年あたりからラインアップされているEVA素材のサンダルです。

 

ビルケンシュトックといえばコルク素材やレザー素材など切り替えがあるデザインが特徴ですが、
このEVAのモデルは切り替えが存在しません。
同じ色で組み合わせたパーツで作られており、ごくごくシンプルな印象になっています。

 

服のデザインの考え方は基本的に、

デコラティブであればあるほどカジュアルライクに、
シンプルであればあるほどドレスライクになるものです。


 

プリントや色落ちやポケットやステッチなどカジュアルシーンではとにかく装飾が多いもの、
ところがドレスの象徴である「スーツ」は基本的に装飾がありません。極めてシンプルです。

 

感覚的にも理解できると思いますが、
サンダルも同じで、シンプルに徹して、デザインや色の切り替えを排したものほど大人っぽく感じるものです。
同じように選ぶにしてもこういったモデルを選ぶのが正解でしょう。

 

 

サンダル以外の選択肢は?


 

09_26757000001
Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/26757000001/item/09_26757000001.jpg

 

また本KnowerMagで何度か紹介していますが、スペインの伝統履「エスパドリーユ」などもおすすめです。
サンダルではなくどちらかというとスリッポンのようなイメージですが、
通気性の良いジュート素材などを使っているため裸足で履いてもOKです。(蒸れて臭くなったりもしにくい)

 

サンダルのようにストラップがあるわけでもなく
極めてシンプルなデザイン。しかもエスパドリーユの場合はスリッパと同じように「つっかけ」で履くものです。
かかとを踏んで履く形式ですね。

 

そうすると当然ゆったりとしたデザインだと歩いているうちに「スポッ」と抜けてしまいます。
そのためエスパドリーユの多くは足にフィットするように細身に作られています。
そのためフォルムがスニーカーのようなボリューム感のあるものではなく、
どちらかというと革靴のような細身のデザインになっているのです。

 

シンプルだけでなくフォルムも革靴的でオトナな印象になるエスパドリーユ。
しかも価格が安い。GUでも売っていたりしますが、GUなら1000円程度で手に入ります。

 


「安いからおすすめしている」わけではなく、マジで私もこれ愛用しています。
夏は欠かせないアイテム。変なサンダルをお金をかけて買うよりもずっとずっと大人っぽくまとまります。

 

 


サンダルと一口に言ってもいろいろあるものですが、
「大人っぽさ」を念頭に入れて「モノ選び」をすると使いやすい万能アイテムがみつかります。
この夏は是非ご参考に。

 



7000人以上が購読している日本最大の「おしゃれ」をマスターするメルマガ


 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 


試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第3位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年、2015年部門別「まぐまぐ大賞」も受賞。なんと6000人以上の読者を抱えています。多くの方に支持され絶賛配信中です。


 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 



 

スポンサーリンク