ユニクロでオシャレをする!

2016年流行のワイドパンツを「ユニクロ価格」で手に入れる裏技【ワイドパンツの着こなし解説】

 

スポンサーリンク

 

 

2015年秋冬から2016年春夏にかけて多くのブランドが発売している「ワイドパンツ」。

レディースで大流行、ユニクロ系列の低価格ブランド「GU」の創業以来の歴史的売上を叩き出した「ガウチョパンツ」の流れがメンズにも波及してきた印象です。

今回は「ワイドパンツをユニクロで買うべき」そんなお話です。

お金もかからずトレンドライクなオシャレスタイルをGETできるお話。是非じっくりお読みください。

 

 

ワイドパンツって大人でも穿けるものなの??

 

まずはワイドパンツに着こなしについて語りましょう。

 

47d56a98
Photo by http://livedoor.blogimg.jp/fuyotti/imgs/4/7/47d56a98.JPG


 

「ワイドパンツ」と聞くとこんな感じのカジュアル&ルーズな着こなしを連想される方も多いとは思います。90年代に流行った「腰履き」「HIPHOPスタイル」などを連想する方も多いでしょう。

30代を過ぎた男性ならば「ワイドパンツが流行って・・・そんなん恥ずかしくて着れねーよ」と思うでしょう。しかし意外にも2015~2016年度のワイドパンツトレンドは90年代のHIPHOPスタイルなどで見られた「カジュアル&ルーズ」なものでは決してありません。

 

9f96fe24bf634849ec16e7ab5c5e8aa8_0f0084f6c5c34c96136a18fd4687fca2
Photo by https://ssl-stat.amebame.com/pub/content/8633993418/9f96fe24bf634849ec16e7ab5c5e8aa8_0f0084f6c5c34c96136a18fd4687fca2.jpg?width=840

 

上と同じようなワイドパンツのシルエットですが随分大人っぽく見えるでしょう?これなら30代でも40
代でも安心です。私自身も30代半ばですが上記の「ルーズな加工デニムのワイドパンツ」などはなかなか抵抗がありますが、こういった大人な着こなしなら日々よく実践します。

 

ワイドパンツの着こなしを大人っぽく見せるには2つポイントがあります。

 

一つは「素材を大人っぽく見せること」です。
90年代のHIPHOPスタイルなどでは色落ちのデニムやチノパンツなど「カジュアルな素材」のものが多かった印象ですが、2015〜2016年のワイドパンツトレンドは「ドレスな素材」のものが多いです。同じワイドパンツのトレンドでもそこが大きく異なるところ。

 

洋服の印象はシルエットだけで決まるわけではありません。

1.デザイン
2.シルエット
3.カラー(素材)

この3種類で洋服の印象が「子供っぽいor大人っぽい」が決定されます。

デザインは洋服の作りのこと。パーカーやスニーカーやワークウェアやミリタリーブルゾンなどはカジュアルで子供っぽいですね。一方でスーツスタイル、テーラードジャケットやスラックスやレザーシューズなどはドレスで大人っぽいですね。

シルエットはルーズで太いものがカジュアルで子供っぽく、スーツのように細くてスラリとしたものがドレスで大人っぽい。

カラーはカラフルなものほどカジュアルで子供っぽく、スーツのように黒や白などのモノトーンだとドレスで大人っぽくなります。

 

「子供っぽいor大人っぽい」がイマイチ理解できないときは「スーツ」を連想すると良いでしょう。スーツは「大人っぽさ」を象徴する着こなしです。「おしゃれ」とは普段着の中にこうした「大人っぽさ」をいかに混ぜるかが重要です。ここに関しては下記の記事にて詳しく語っています。メンズファッションにおいて、「どういった状態がおしゃれだと評価されやすいのか」がまとめてあります。是非一読ください。

 

※「ドレスとカジュアルのバランス」に関して未見の方は下記記事を一読ください。メンズファッションの大原則が理解できます。
【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 

 

さて、ワイドパンツの話に戻ります。
ワイドパンツのように「2.シルエット」がルーズでカジュアルで子供っぽい・・・としても、
先ほどの話の通り要素は3つもあります。

シルエットがカジュアルでも、「色と素材」をドレスに調整してあげれば大人っぽさを担保できます。

 

 

9f96fe24bf634849ec16e7ab5c5e8aa8_0f0084f6c5c34c96136a18fd4687fca2
Photo by https://ssl-stat.amebame.com/pub/content/8633993418/9f96fe24bf634849ec16e7ab5c5e8aa8_0f0084f6c5c34c96136a18fd4687fca2.jpg?width=840

 

先ほどの画像を見直せば理解できますが、同じワイドパンツでもデニム素材ではなく「スラックス素材」を使っています。ワイドシルエットでカジュアルな印象ではありますが、素材のおかげでスーツのような見た目になり大人っぽさを表現できているというわけ。30代を超えた大人男子ならなおさらこういった「ドレス要素」を意識してアイテム選びをするとグッとおしゃれに近づきます。

 

6893690_b_14_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/690/6893690/6893690_b_14_500.jpg

 

またデニムを選ぶにしても、「ノンウォッシュ」などの加工を施していないデニムを選ぶことで大人っぽさをプラスできます。デニムは縦横異なる糸で織り上げているため光沢が生まれやすいもの。加工をしてしまうと光沢感は消えてしまいますが、ノンウォッシュなどの加工をしていないものだと艶感が出ます。艶はスラックスを連想させ大人っぽい印象をプラスしてくれます。

 

 

ワイドパンツを大人っぽく見せるもう一つのポイントは「丈」です。

 

47d56a98
Photo by http://livedoor.blogimg.jp/fuyotti/imgs/4/7/47d56a98.JPG

 

裾にクッション・・・シューズにかかるシワシワのことです。このシワが出るとルーズな印象が強くなります。90年代のHIPHOPスタイルなどではこのクッションを可能な限り強く出すことがトレンドでしたが、今は真逆です。

 

9f96fe24bf634849ec16e7ab5c5e8aa8_0f0084f6c5c34c96136a18fd4687fca2
Photo by https://ssl-stat.amebame.com/pub/content/8633993418/9f96fe24bf634849ec16e7ab5c5e8aa8_0f0084f6c5c34c96136a18fd4687fca2.jpg?width=840


 

こんな感じで裾が少し足りないくらいでちょうどいい。裾にクッションが出ないのでスラリと綺麗なストレートシルエットとなり、ワイドパンツのルーズな印象を軽減してくれるのです。

 

 

そしてそんな2015~2016年の流行である「ワイドパンツ」。

実はユニクロで揃えるべきだと考えています。その理由は3つです。

 

 

高いお金を出して失敗したくない

 

 

理由の一つは「高いお金を出して失敗したくないから」です。

 

ユニクロでパンツを買うとなれば高くても5000円はしないでしょう。手頃なものならば2000~3000円程度で購入できるはず。ところがユナイテッドアローズなどのセレクトショップで買おうとすれば10000円は最低でも覚悟しなければいけません。

 

ワイドパンツが流行に上がってきたのはメンズの世界なら実に10年以上ぶりではないでしょうか。多くの方がワイドパンツを持っておらず、「まったく新しい世界」「未知の領域」として認識しているはずです。それだけに着まわしも自信が持てず、失敗してしまう怖さもあるもの。そんな中で10000円をひねりだすのはなかなか勇気が必要です。

 

そこでまずは手頃な値段のベーシックなものを手に入れて試してみた方が良いでしょう。もしそれで気に入ったのなら、バリエーションを広げるためにセレクトショップなどで購入しても良いでしょう。

ベーシックなものなら今はユニクロで十分手に入ります。ベーシックなものならば着まわしに困ることもないでしょう。まずはそこから。抵抗を感じるものに、いきなり大きなお金を出す必要はありません。

 

「期待して買ったけど、まったく使わなかった・・・」
なんて経験あるでしょう?それを繰り返す必要はまったくありません。

 

 

実はユニクロでワイドパンツは揃えられる

 

 

「ていうか、そもそもユニクロってワイドパンツなんて出してたっけ・・・?」

とここまで読んで疑問に思った方も多いでしょう。そうです、実はユニクロはワイドパンツなんて出していません。

しかし大丈夫です。サイズをあげてしまえば良いのです。

 

 

私は今期既にユニクロのパンツをサイズUPして「ワイドパンツ」として愛用しています。デニムもスラックスもその方法を取り入れています。主に普段履く2,3サイズくらいUPすればOK。

 

7313696B_16_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/696/7313696/7313696B_16_D_500.jpg

 

こんな感じにドスンと太くしたいのなら4サイズくらいUPすると良いバランスに落ち着きます。

 

69_14613300001
Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/14613300001/item/69_14613300001.jpg

 

「セルビッジレギュラーフィットジーンズ 3,990円」
私はこちらを4サイズUPしています。普段30サイズを穿いている人なら34サイズにするイメージですね。

 

 

9006510B_46_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/510/9006510/9006510B_46_D_500.jpg

 

ドカンと太くなくともこのくらいの「ややワイド」くらいで良いのなら2,3サイズUPでもOK。

 

09_146144_model
Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/146144/item/09_146144_model.jpg

 

「ストレッチウールノータックパンツ 5,990円」
私はこちらを3サイズUPしています。ややワイドくらいの程よいシルエットに落ち着きます。スラックスのため大人っぽさも担保してくれます。

 

 

「でもそんな風にサイズUPして本当に大丈夫なの?ウエストとか余らない??」

と思うかもしれませんが、ウエストなんてベルトで締めれば良いだけです。ベルトで締めれば当然そのぶんウエスト周りにシワがよりますが・・・今のワイドパンツは「2タック」「3タック」などといったウエストにシワがよったデザインのものがそもそも多いです。

ウエストのシワは「タックイン」でもしない限り外からみて気づかれることはありません。どうしてもシワが気になるという人は「ウエストをお直しする」方法もあります。2,3000円程度で直すことも可能です。ですがそこまでせずともどうせ見えない部分ですから気にしないのが一番です。私も別に気にしていません。

 

 

あとは上述の通り、裾を短めに上げれば良いだけです。ユニクロの店員さんに「8から9分丈くらいでお願いします」「靴下が見えるくらいです」と伝えれば概ねOKでしょう。目安としては・・・

 

7777737B_18_D_500
Photo by http://トレンドコーディネーター.net/wp-content/uploads/2015/09/7777737B_18_D_500.jpg

 

このくらいの丈が一番扱いやすいですね。靴下も派手に見えないし、かといって靴に裾がかかることもなくクッションは生まれません。このくらいを目安にしてあげると良いでしょう。

 

9824486B_18_D_500
Photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/486/9824486/9824486B_18_D_500.jpg

 

ついでにもう一点。もしお直しで対応してくれるなら「ダブル仕上げで」と伝えると良いでしょう。パンツの裾を折り返したような形状で仕上げてくれるのが「ダブル」です。

 

ダブル仕上げにすると裾に重さが加わり、ストンと真っ直ぐに落ちた綺麗なシルエットが出しやすくなります。

 

1333487
Photo by http://www.fukuya100.com/shops/1002/img/1333487.jpg

 

ワイドパンツはウエストから裾にかけての途中でクシャクシャとシワが生まれてしまうと、急にルーズな印象が強くなるものです。しかしダブル仕上げにすることで重さが加わり、裾側がぐっと引っ張ってくれる効果があるのでシワが出にくくなるのです。微調整レベルではありますので、「もしお直しで無料対応してくれるならやってみようかな」くらいでも構いません。

 

 

コスパが良い

 

ユニクロでワイドパンツを買うべき理由の最後が「コスパが良い」からです。

 

 

ユニクロに限らずファストファッションの製品は「不当に安い」です。「高いものこそ至高」のような考え方の人は少なくないですが(特に男性)、そんなことはありません。ありませんというか「有り得ません」。

 

例えばユニクロのデニムを一般のブランドがまったく同じものを作ろうとした時に一体いくらになるか?倍じゃ効かないでしょう。4000円のデニムも普通のデザイナーズブランドなどが手がければ10000円を軽く超えます。

 

これはまず一つ「数」の問題です。
物は多く作れば単価が下がり、少なく作れば単価が上がるものです。日本国内のデザイナーズブランドは星の数ほどありますが、中堅どころの売上を誇るブランドでもパンツ1型で1000本以上生産するところはそう多くありません。一方でユニクロは詳細は不明ですがおそらく1万本じゃきかないくらいの生産本数でしょう。同じ素材を使っても値段に差が出るのだから「高いものこそ良い」という理屈は全く成立しません。

ブランドの生産背景や生産量で同じ値段でも全く異なるものが出来上がるのです。例えばユニクロのデニムのタグを付け替えてビームスに並べていても気づく人は1000人に1人くらいじゃないでしょうか。値段で価値を測ることは間違ってはいませんが、決して正しくはありません。

 

しかしながらもちろん、「数を多く作っているのだから、万人向けのつまらないデザインになる」というデメリットも持ち合わせています。「わずかな人しか穿いていないものが欲しいから、高いものが至高」というのなら確かに正しいです。質ではなくデザインの問題ですね。

 

しかしそういったデザインも、上述のようなサイズ選びやお直しなどで、いくつかのアイテムは「デザイナーズブランド並みの見た目」を獲得することができるのです。

 

以前本ブログで書いた「【ユニクロのスキニーを1万円のパンツに見せる裏技】テーパードパンツの着こなし!!肝はロールアップと”あるお直し”にあり!!」などの記事もこの手の話ですね。

いわゆる「裏技」です。

 

コスパの良いユニクロや無印良品などのアイテムを賢く使えるなら積極的に取り入れるべきです。もちろんユニクロを考えなしに着たら野暮ったいスタイルになるでしょう。おしゃれ意識が薄いユニクロですから、ある程度の裏技や着こなしテクなどが必要になってきます。しかしそれらを覚えてしまえばお金をかけずにおしゃれを獲得できます。超上級なおしゃれは獲得できないかもしれませんが、中級程度なら難なくユニクロで手に入ります。

 

 

いかがでしたでしょうか。2015年〜2016年メンズファッションのトレンドである「ワイドパンツ」の攻略法。毎週日曜日配信のメールマガジンではこういった内容を、実際に私が着用したコーディネートなどを交えながら解説しています。

毎週50000文字以上、月産なんと20万文字。雑誌をはるかに超える超特大ボリュームと有益な情報盛りだくさんでお届けしています。ユニクロや無印などでおしゃれになる大好評企画「ファストファッション・マストバイ」なども連載。気になる方は是非ご登録を。

 

 

 
 

あなたの人生をほんの少し楽しくしてくれる「おしゃれ」をマスターするメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、上記の様な具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第4位となりました。(堀江貴文さんが第2位)

2014年「まぐまぐ大賞」も受賞。多くの方に支持されています。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

「現役メンズバイヤーが教える洋服の着こなし&コーディネート診断」

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. MBの思考

    「好きなことが見つからない」のはワケがある。
  2. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    ユニクロ夏の名作「スイムアクティブショーツ」が復活。陸でも海でもラフに使えるアイツ。
  3. 雑記

    「アパレルは給料が安いから・・・」と迷うくらいならやめてしまえ!大ピンチのアパレル業界、救うのは誰か?
  4. メルマガ告知

    本日「ユニクロ・JWアンダーソン全型レポート」をメルマガ配信します!!
  5. 雑記

    7月17日17時から夕日をバックに海岸で生放送をします。
PAGE TOP