告知

再販依頼殺到の「デニッスラ」を価格を下げてリモデル! なんと税抜き1万円ぽっきり。神コスパすぎる「MBデニムスラックス」発売!

★MBデニムスラックス予約はこちら(2022年3月20日21時から受注受付開始いたします)

 

※注意
今回は一般販売を行います。
メルマガ/LINE会員以外も購入可能になっています。この機会に是非ご活用ください。

商品詳細はこちらから

 

 

本製品はコストと廃棄を抑えるため全て受注生産とさせて頂いています。
お届け日程をご理解頂いた上でご注文ください。

 

MBデニムスラックス

 

 

MBデニムスラックス
価格:11,000円(税込)

 

商品詳細はこちらから

 

色:
ブラック
インディゴ

素材:
ブラック:綿74% ポリエステル25% ポリウレタン1%
インディゴ:綿100%

生産地:
中国

お届け:
6月下旬〜7月上旬

サイズ展開:S、M、L

Sサイズ
ウエスト:80cm
ヒップ:98cm
ワタリ:32cm
股上:25cm
股下:73cm
裾幅:16.5cm

Mサイズ
ウエスト:84cm
ヒップ:102cm
ワタリ:33cm
股上:26cm
股下:75cm
裾幅:17.5cm

Lサイズ
ウエスト:88cm
ヒップ:106cm
ワタリ:34cm
股上:27cm
股下:77cm
裾幅:18.5cm

※フィッティング
MBは身長175cm体重70kgでMサイズを着用しています。

 

再販依頼殺到の「デニッスラ」をリモデルし発売

 

 

今回は3月20日発売の「MBデニムスラックス」を紹介。なんと税抜き¥10,000になっています。
これがめちゃくちゃ良い出来。

3月20日21:00-3月21日23:00まで受注受付けします。

今回、ライン、メルマガ会員さん以外でも購入頂けるので、もし興味がございましたらチェックしてみてください。

今回もオススメポイント3つに分けて紹介していきます。

 

ポイント1つ目、
「過去、絶大な人気だったデニムスラックスをリプロダクト」

 

素材はデニムでデザインがスラックスのデニムスラックス。こちら一昨年くらいに発売して大ヒットしたアイテムでした。非常に人気で再販依頼も多く、一度再販もしたほど。

MBアイテムを展開し始めて7年ほどになりますが、街ですれ違ったり、イベントでお会いしたりで過去一着用している方を見かけるアイテムでもあります。
販売枚数的にもTOP3に入るくらい売れていました。

そんなMBデニムスラックス、前回発売した際は素材にこだわりすぎて値段が高かった。。できればもう少し安いほうがいいと思い、今回背景を見直して手頃な値段にリプロダクトしました。

 

 

前回購入頂いた方はお分かりかと思いますが、デニムスラックスなので何にでも合わせられるのが魅力。

素材がデニム(カジュアル)でデザインとシルエットがスラックス(ドレス)なので非常に良いバランスになっています。なのでどんなトップスと合わせても上下でバランスが取りやすいです。

例えばTシャツ1枚で合わせてもラフになりすぎません。

普通のデニムとTシャツではオシャレとは思われにくいただの人になってしまいます。そこにスラックスの要素が加わることで、デニムが大人っぽく見えるのでふつうのTシャツが野暮ったくなりません。カジュアルアイテムと合わせてもデニムなのにカッコよく決まります。

また普通のスラックスにシャツを合わせるとビジネススタイルぽく見られがち。カッコいいけど出勤中みたいに見えてしまうので、これもオシャレには見られにくいです。その点、素材がデニムなのでジャケットとシャツなどで合わせてもキメすぎにはならずオシャレとして成立します。

 

 

過去に展開したものは2万円ほどして、今回は1万円なので価格を半額くらいまで落としています。なのでリプロダクトするにあたり使用できる素材にも限界がありましたが、素材の質は落とさないようにかなり頑張りました。

前回使用した素材はハイブランドでも使うような日本屈指のメーカーさんの素材だったのですが、それだと高すぎる。より多くの人に手に取って頂きたいと考えたので、素材をとにかく探して集めて色んなものを吟味。

これ実はかなり前から開発は進んでいたのですが、そんな経緯もありようやく当たりの素材を引けて発売まで漕ぎつけられました。

今回インディゴとブラックの2色展開ですが、インディゴの光沢感も強めになっていてブラックもツルッとした綺麗な風合い。

オンスも薄くなくそこそこ厚みがあるのでオールシーズン対応できて、かなりいい仕上がりになっています。これ1万円と値段を当てられる人はほとんどいないはず。

イタリアのブランドがこういったデニムスラックスはよく展開していますが、その辺と比較しても遜色のない仕上がりになっています。フロントのボタンにもこだわったり、ステッチの色もバランス良く配置したり、期待して頂いて大丈夫です。

 

ポイント2つ目、
「消えないセンタープレス、自宅で洗える、オールシーズン対応」

 

 

前回発売したものを僕自身も着用していて思うことがたくさんあったので、その点を改善し機能性を詰め込んでみました。

まず一つ目は消えないセンタープレス。

これ実は入れるか入れないか迷ったのですが、以前購入頂いたユーザーさんの声として頂いていたので今回取り入れました。ボディの色と同色の糸を入れて、いくら洗濯してもセンタープレスが半永久的に消えない仕様にしています。

あとは履き心地。前回は糊の付いているかなり硬いデニムを使用しましたが、今回は糊が薄めで柔らかさを感じるデニムになっています。デニムと一口に言ってもヴィンテージぽいデニムやリジットのデニムなどを選んでしまうと着心地は悪くなります。ただあのハリのある風合いが好きという方もいるので、ハリがありつつ着心地が良いものを選びました。

今回すごく良いバランスになっていると思います。糊の付いている独特のハリがある風合いは残っていますが、初めから柔らかさはある素材。

生地もそこまで分厚すぎないので見た目の印象も良く、履き心地も良くなっています。機能性と美しさを両立できるように頑張って探しました。

 

 

そしてこちらオールシーズン対応です。

ただ真夏にも真冬にも使えるという素材感は難しくて、薄くして履き心地をよくすると真冬は使えないし、冬用に分厚くすると夏には蒸れてしまう。そのバランスを取るのは難しいところではありますが、今回ギリギリ履けると思います。

またスキニーと違い、スラックスのシルエットなので肌に当たりません。スラックスは基本的に肌に当たるシルエットにはしないもの。なのでこちらもウエストや太もも周りにはそこまで生地が足に当たらないです。

かなりテーパードを効かせているのでふくらはぎ辺りには少し当たるかと思いますが、スキニーほどピタピタにはなりません。そうするとある程度の通気性は確保できるので、そこまで蒸れないでしょう。

今説明した通りスラックスシルエットかつ、前回ストレッチ性を加えてみたものの正直そこまで分からなかったので今回ストレッチは入れていません。またデニム素材である程度馴染むこともあり今回はストレッチ性はなくし、デニムの風合いがヴィンテージライクに綺麗に出てくれています。

ストレッチを入れてしまうとゴムのような風合いが出て、デニムらしい風合いや凹凸感が消えてしまいます。デニムらしさを出すならコットン100%のデニムを使用するのが正しいけど、履き心地が悪くなってしまう。

とはいえストレッチ性を出すためにポリウレタンを増やすとゴムのような風合いが出て安っぽくなってしまいます。なので着心地を取るのか美しさを取るのかという究極的な選択になるのが細身のデニムの宿命です。

 

 

今回はスラックス型でもあるのでストレッチ性は入れずにコットン100%の素材で綺麗な風合いが出るようにしました。色々な素材を集めて死ぬほど見てこの素材に行き着いています。

実は2色で素材感が少し違うのもポイント。普通は同じ生地で色を変えるのですが、今回は生地自体を違うものにしました。インディゴは風合い重視で綺麗に見える素材。ブラックは光沢感がしっかりと出る素材を考えて作成しています。

もちろん色落ちもしていきます。そこまで激しくはないのですが、使い込んでいくと少しづつ薄くなっていくと思うのでヴィンテージっぽい風合いを楽しんで頂くのもありです。

 

ポイント3つ目、
「この手のデニムスラックスで税抜き1万円は破格」

 

 

本当に破格だと思います。そもそもスラックスはパーツが多いので工賃が高いアイテムですが、素材も選んで、センタープレスもつけて、シルエットも考えてとかなり拘っています。

それで税抜き1万円ジャストで作成できたので、前回発売したものもかなりよかったのですが、今回も手頃な価格でガツガツ使えるデニムスラックスとしてオススメです。

先ほども説明した通り、色ごとに素材も変えているので2色買いも良いでしょう。ブラックに関しては特にフォーマルな印象が強まるので、アウターやトップスにカジュアルなアイテムが多い方はブラックがオススメです。逆にコートやジャケットなどフォーマルなアイテムが多い方はインディゴがオススメ。

 

 

着用画像を見て頂ければわかりますがシルエットもめちゃくちゃ綺麗。

ウエストはあえて少し緩くしています。ジーンズのウエストはピタッとさせるものが多いのですが、スラックスに関してはウエストに少しゆとりがないとタックインができないので少し緩くしました。

また履き位置が変えられるのもポイント。少しウエストは緩めになっているので、数値よりもいつものサイズで選んであげるのがオススメです。

3月20日夜21時から21日の23時まで発売しています。ぜひチェックしてみてください。

 

MBアイテムストアはこちらから

 

MBアイテムは市場価格よりも薄利に設定し安く良品を手に取れる仕組みにしています。

 

中間業者やマージンを徹底的に削減し不要なコストをなくし、
一般的な洋服ブランドの価格よりも格安で提供しています。

他ブランドより利益を乗せず
最小限度の人員と最小数の取引先にして、
広告宣伝費をかけず無駄なコストを徹底的に省き
受注生産にすることで在庫ロスや廃棄コストを完全に無くし
値段を可能な限り下げています。

 

普通のブランドなら数万してもおかしくないようなものを、数千円ほどで提供できるように・・・と各アイテム値段設定に気を配っています。作っている生産背景は国内のコレクション出展する有名ブランドを多く手掛けているところで、クオリティやデザインになんら遜色はありません。

 

MBアイテムストアはこちらから

 

 

なお今後のラインナップとしては・・・

▼3月27日発売予定ーーーーーーーーーー

★★★上下2万円実現なるか!?MBウォッシャブルスーツ★★★
オンスタイルでも使える洗えるスーツを作りました。
ブラック、グレー、ブラウンの3色展開、スタイリッシュなデザイン。この価格では絶対に出せないクオリティになっています。価格調整中ですが激安の上下2万円ほどで収まるように頑張ってます。

▼4月以降発売予定ーーーーーーーーーー

★★★OXジュエリー新作★★★
どうにも価格が安すぎて逆に赤字になってしまっていた(一部)OXジュエリー・・・。体勢を立て直して2022春夏モデルとして出しますが、これ以上利益がない仕事をするとマズイので今回でOX最後になる可能性もあるぞ・・・泣。

 

MBアイテムストアはこちらから

ご予約時のご注意

 

またご予約の際は、下記注意事項をご確認の上、お願いいたします。

・予約に必要な情報はこちらのページ、およびメルマガ、およびYouTube動画内に全て掲載されております(一般的な受注製品よりも遥かに情報量は多いです)。製品の合わせ方、詳細、個人的な相談などの問い合わせは業務圧迫の原因となり価格に影響します。問い合わせに関しては修理対応・B品対応・配送先変更に限らせていただきます。頂いてもご返信はできません、ご了承ください。

・大変申し訳ございませんが、キャンセルや返品は受け付けておりません。受注生産という都合上ご理解頂いた上でご注文ください。

・「気に入らないから」などの理由での返品依頼は全て対応いたしません。
通販での受注生産においてクーリングオフなどは適用されません。ご注意ください。

サイズ交換は行っておりません・・・が、
わずかではありますが交換用のストックを生産しておきます。
商品到着後、どうしてもサイズ交換したいという方は一度order@knower.bizまでご連絡ください。

(ただし交換用ストックが無くなった時点で交換対応は終了とさせていただきますので、
希望される方全ての交換を保証するものではありません。)

・予定数量完売した時点でご予約を締め切ります。

お届けは各商品によって異なりますが、いずれもお時間を頂きます。お届け時期にご注意ください

・注文確認メールが届かないという連絡が稀にございますが、迷惑メールフォルダやメールサーバー側での受信拒否などがほとんどです。ご注文前に今一度ご確認ください。また注文完了画面が表示された場合はご注文通っておりますのでご安心ください。

・「カートに入れる」ボタンを押しても在庫は確保されません。
すべての入力が終わり始めて確保されますので確実に購入したい方は・・・
テキストメモなどで住所お名前お電話番号クレジットカード番号などをコピー&ペーストで迅速に入力されることをおすすめします。

発売開始からおよそ1~2時間程度で無くなることがほとんどです…すみません。工場や生地のキャパなどに限界があります、何卒ご了承ください。

 

商品詳細はこちらから

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. MBラボ

    本日ブランド「ノットコンベンショナル」とのコラボイベントが生配信されます。
  2. おすすめブランド

    「脱ユニクロ」を狙うなら!半歩進んだデザインを提案するPLSTおすすめ2選!
  3. 短パン

    短パンを着こなすための3つの法則
  4. オシャレの秘伝

    あなたのコーディネート間違ってませんか?初心者にも出来る上級ワントーンコーディネートの着こなし【白?黒?緑?青?何で統一すればいい?】
  5. 雑記

    国内外に日本酒を紹介するサイト「わん酒」で連載がスタート
PAGE TOP