ユニクロでオシャレをする!

【悲報】初心者はユニクロの○○を買うとおしゃれになれません。

 

スポンサーリンク

 


 

今回は初心者が手を出してはいけないユニクロのNGアイテムをご紹介!
 

ファッション初心者、コーディネートに慣れていない人が手を出すと失敗しがちなNGアイテムと、これは誰が着てもかっこよくなるというOKアイテムをカテゴリー別に解説していきます。
 

ユニクロダウンジャケットのOK・NGアイテム

 

<NGアイテム>


UNIQLO
シームレスダウンロングコート 12,900円


 

ユニクロのシームレスダウンにはダウンパーカ・ダウンコート・ダウンロングコートと3種類あります。
それぞれショート・ミドル・ロングと着丈別に分かれていますが、当然着丈が長くなるにつれて当コートに近い印象になる。
そしてコートというのは本来ドレス寄りなアイテム。
つまりこのダウンロングコートはアウトドア路線でカジュアルなダウンジャケットの着丈を長くしドレスライクなコートに近づけ、上品で大人っぽい印象が出るようにしているのがメリットだと思います。
 

そうは思いますが・・・ただこのシームレスダウンロングコートを実際に着てみると、残念ながら草野球のコーチが羽織っているベンチコートのようなイメージが強く着こなしは結構難しいんです。
 

<OKアイテム>


UNIQLO
シームレスダウンコート 9,990円


 

というわけで私がおすすめしているのはロング丈ではなくミドル丈のダウンコート。
ショート丈のダウンパーカもかっこいいと思いますが、アウトドアの印象が強くカジュアルになりがち。
だからダウンで簡単にかっこよく見えるようにしたいならこのミドル丈のダウンコートを選んでみてください。
 

1番着丈の長いダウンロングコートはベンチコートに見えるのでNG。
もちろん購入することに全く問題ありませんが、着こなす自信がない方は必ず試着をしてから購入するかを考えてみてください。
 

ユニクロVネックカーディガンのOK・NGアイテム

 

<NGアイテム>


UNIQLO
プレミアムラムVネックカーディガン(長袖) 2,990円


 

<OKアイテム>


UNIQLO
エクストラファインメリノVネックカーディガン(長袖) 2,990円


 

ラムウールの方は毛羽立ちがあり厚手で防寒性の高い素材。ただその分ツヤ感が少ないんですね。
反対にエクストラファインメリノウールはツヤ感がすごく強くて高級感があり大人っぽくラグジュアリーな印象。しかし生地が薄い防寒性に欠けるのがデメリット。
 

若干誤解を生むかもしれませんが・・・すごくわかりやすくラムウールとエクストラファインメリノウールの2つを説明するのであれば、ラムウールの方が暖かさと機能性重視で実用性が高い
 

反対にエクストラファインメリノウールは機能性が若干劣るけれど美しさに特化している
と考えればわかりやすいと思います。
 

ラムウールは確かに暖かく便利だけれど、どうしても毛羽立ち感が安っぽい。
ユニクロ側も実用品っぽくちょっと毛羽立ちが強く安っぽいなと分かっているから頑張って素材の改良を行っているけれど、それでもやはりエクストラファインメリノの方が圧倒的にツヤ感や素材の美しさは上です。
 

そのため何気なくラムウールを買って何も考えずにチノパンやオックスフォードシャツで合わせてしまうと、ファッションに興味のない大学生のような着こなしになってしまうので注意が必要。
 

対してメリノウールはツヤ感が本当に美しい。
例えば高級ニットブランドのジョンスメドレーと比べてもはっきり言ってそれほど大きな差はありません
もちろん値段差が10倍ほどあるしジョンスメの方が良いのは間違いないけれど、それでもよほど洋服に詳しい人でない限り違いはほとんどわからないほどのクオリティです。
ただこのメリノウールはツヤを出すために細い糸を使っているため、当然生地は薄くなり防寒性が犠牲になってしまう。
 

つまりラムウールとメリノウールどちらを選ぶかは、実用性と美しさどちらを取るかによって変わります。
 

で、個人的にはおしゃれに見せることがファッションでは大切だと思うので、ユニクロのニットはメリノウールを選び美しさを担保しましょう
ちょっと面倒かもしれませんが中にヒートテックを仕込んで防寒性を足せば、真冬でも問題なく使えます。
 

ちなみにメリノウールのように糸が細いと発色も違ってきます。
メリノウールの方がラムウールよりも複雑で美しい色合いが表現できる。
ラムウールの方は毛羽立ちがある素材なため、どんな色を表現しても少しボケてしまうんですね。
 

風合いや素材感の違いは色の表現にまで関わってくるため個人的にはメリノウールの方がおすすめ
特にファッション初心者、おしゃれに着こなす方法がまだ掴みきれていない人は安易にラムウールを選ばずメリノウールを選んだ方が良いと思います。
 

ユニクロシャツのOK・NGアイテム

 

< NGアイテム>


UNIQLO
エクストラファインコットンブロードチェックシャツ(長袖) 1,990円


 

<OKアイテム>


UNIQLO
エクストラファインコットンブロードストライプシャツ(長袖) 1,990円


 

このエクストラファインコットンブロードという素材は風合いが半端なく良いんです。
超長綿という世界の綿生産量の数パーセントしか取れない希少素材を使っており、すごく綺麗なツヤ感が出ます
 

本来この超長綿を100%使用しているシャツはデザイナーズブランドから2〜3万ほどで販売されていますが・・・超長綿100%のシャツを1,990円で販売できているブランドはおそらくユニクロくらい。
それくらい圧倒的なコスパを誇っているのがこのエクストラファインコットンブロードシャツのシリーズです。
 

もう何年にも渡りこのアイテムをおすすめしていますが・・・ただチェックシャツに関しては一考してみてほしい。
私自身エクストラファンコットブロードのチェックシャツを着ることもありますが、ただやはり着こなしはストライプの方が簡単です。
 

柄は複雑になればなるほどカジュアルに、そして色数も増えれば増えるほどカジュアルな印象が出やすい
このことを踏まえながらストライプとチェックシャツを比較してみると・・・ストライプシャツの方は縦に1本だけ線が入っており1色しか使っていない。
対してチェックシャツの方は縦と横の2本線が入っていて色も複数使われている。
こうして柄の複雑さと色数を比較してみると分かる通り、やはりチェックシャツはストライプよりもやや子どもっぽい印象が出てしまいます。
 

ビジネスシーンを思い浮かべてみるとギリギリストライプシャツの方が使えそうに思えるでしょう。
対してチェックシャツはカジュアルな印象が強くどちらかというとチノパンやデニムと合わせるようなイメージ。
このように1本線で単色使いのストライプより、2本線で多色使いなチェックの方がやや子どもっぽくカジュアルに見えてしまいます。
 

もちろん素材自体にツヤがあるため大人っぽく見え、色柄による子どものっぽい印象とバランスが取れるとも言えますが・・・ただ同じ素材感でストライプとチェックのどちらかを選ぶのであればストライプの方をおすすめします。
 

日本人でおしゃれに興味のない方は基本的にアメリカンカジュアルの影響で、デニムやチノパン、スウェット、スニーカーなどカジュアルアイテムが多い。
対してロングコートやジャケット、スラックス、革靴などはおしゃれに興味がある人以外はあまり持っていない。
だからまだ着こなし方がわからない初心者の方のが安易にチェックシャツに手を出すと、さらにカジュアル化が進んでしまう
普段持っているジーンズやチノパン、スウェットにさらにカジュアルなチェックシャツが入ってしまうとどんどん全身がカジュアルで子どもっぽく見えてしまうわけです。
 

全体的にカジュアルなアイテムが多いなら、ストライプシャツなどドレスライクなアイテムを入れると大人っぽく感じるため、いつもものカジュアルなアイテムが洗練されて見えるようになります。
 

だから初心者の方はチェックシャツではなくストライプを選ぶのが正解。
もちろん無地でもいいけれど柄シャツというカテゴリーにおいてはチェックシャツよりもストライプの方がおすすめです。
 

ユニクロコットンパンツのOK・NGアイテム

 

< NGアイテム>


UNIQLO
ウルトラストレッチスキニーフィットカラージーンズ ホワイト 1,990円


 

<OKアイテム>


UNIQLO
ウルトラストレッチスキニーフィットカラージーンズ ブラック 1,990円


 

どちらも同じ品番で白パンか黒パンかという話。
 

色には膨張色と収縮色の2種類があり、白や明るめの色は膨張色に当てはまります。
そのため細身のパンツにしても白を選んだ時点で少しゆったりと感じてしまう。
私たち日本人は民族的に元々足が太く寸胴な体型なので、白パンを穿くことで脚の太さが際立ってしまうんですね。
 

ただそれでも白パンを美しく着る方法はもちろんあるけれど、着こなしに慣れていない人には難しいと思うので白パンよりも黒パンを選ぶことをおすすめしています。
黒だと収縮色で足がグッと細く見え、上半身に何を持ってきてもかっこよく見える
 

体型を綺麗に見えるシルエットには大きく分けて以下の3つ。

Yライン・・・上半身が太く下半身が細い
Iライン・・・上下とも細い
Aライン・・・上が細く下が太い

このようにメリハリのついているシルエットを作るとかっこよく体型が綺麗に見えるんですね。
 

そして下半身を細く見せれば上半身が太かろうが細かろうが、YかIラインに該当します。
だから「下半身には細いものを選ぶ」ことはファッション初心者が簡単におしゃれに見せる方法の1つです。
 

もちろん昨今トレンド的にスキニーよりもストレートやワイドパンツ寄りではありますが、ただファッションのことを何も知らない方がいきなりワイドパンツを穿きこなすのは難しい。
だからまずはスラックスでもスキニーでも細めのパンツを選びましょう。
すると手持ちの大きめなニットでYラインを作れたり、細めのTシャツでIラインを作れたりします。
 

そして同じ細身のパンツでも白やベージュなど膨張色を選ぶとずんぐりした印象になってしまうため、より細く見せるために収縮色である黒を選んでみてください
 

ユニクロジーンズのOK・NGアイテム

 

< NGアイテム>


UNIQLO
レギュラーフィットストレートジーンズ 2,990円


 

<OKアイテム>


UNIQLO
ストレッチセルビッチスリムフィットジーンズ 3,990円


 

最後はデニム。
やはり色落ちしているジーンズは着こなしが難しい。
特に難しいのが色落ちしていて中途半端な太さのジーンズ。
 

洋服は基本的にデザイン・シルエット・素材(色)の3つの要素に分かれています
 

この3つのどこかにドレス要素が入っていないと大人っぽく見せるのは難しい
そしてこの3つの要素全てがカジュアルな印象だとコンビニに行くようなルーズなスタイルに見えてします。
 

そしてNGアイテムのレギュラーフィットストレートジーンズをこの3要素に基づいて分析してみると・・・当然スラックスとは違いスーツで使うようなアイテムではないため、デザインはカジュアル。
シルエットも中途半端な太さなのでカジュアル。
さらに素材(色)も加工デニムで色が薄いためカジュアル寄り。
というわけでデザイン・シルエット・素材(色)全ての要素がカジュアルで子どもっぽいため、着用したときに大人っぽい洗練された印象が出にくいのです。
 

だからデニムを選ぶときはデザイン・シルエット・素材(色)の3つの内どれか1つでいいのでドレスライクな要素が入ったものを選びましょう
 

例えばシルエットにドレス要素を足したいならスキニーを選ぶ。
デザインをドレスっぽくするならスラックスライクなセンタープレスの入ったものを選ぶ。
素材(色)で大人っぽくするなら暗い色で加工をしていないデニムを選ぶ。
このように3要素のうち1つだけでも大人っぽさが出ると、スニーカーを合わせてもそれほど子どもっぽく見えない。
 

加工デニムに白Tシャツ、スニーカーだとどうしても野暮ったい印象になってしまうけれど、デザイン・シルエット・素材(色)の3要素の内どれか1つがドレスライクなデニムを選べば使いやすさが全然違ってくるので是非覚えおいてください。
 

ということでユニクロのOKアイテム・NGアイテムを紹介しました。着こなしの参考にしてみてください。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月550円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. メルマガ告知

    2021年春夏トレンドレポートをお届けします!
  2. 告知

    返品交換可能!足袋ブーツ難民を救うMBスーパーハイエンドヒールブーツがメルマガ&公式LINE会員限定で発売!
  3. メルマガ告知

    ユニクロU2019-2020秋冬全型レポート!!
  4. おすすめブランド

    ミスタージェントルマン、ディスカバード、アツシナカシマ・・・売上不調を極める東京コレクションの中で「注目株」を語る!!
  5. 服のケア

    【衣替え】絶対にやってはいけない衣服の保管方法10のこと【冬服どうする?】
PAGE TOP