ユニクロで買えるオシャレアイテム

結論、ユニクロUの新作ヒートテックコットンクルーネックTは全人類必携の超名作である。

 

スポンサーリンク

 


 

今回はユニクロUで発売が遅れていた「ヒートテックコットンクルーネックT(長袖)」を全色全サイズ買ってきたのでレビューします。このアイテム、ものすごく良いアイテムなので超おすすめです。
 

ヒートテックコットンクルーネックTが名品なワケ

 


UNIQLO
ヒートテックコットンクルーネックT(長袖) 1,500円


 

ユニクロUが発売されたのが9月18日(金)でしたが、1ヶ月ほど遅れて発売されたのがこのヒートテックコットンクルーネックT。発売されて間もないですが、すでにかなりの人気があるようです。
 

実際その人気も納得できるほど、これすごく良いアイテムです。
覚えている方もいるかと思いますが、ユニクロU2020春夏で発売された「エアリズコットンオーバーサイズTシャツ(5分袖)」。こちらものすごく売れたようで・・・基本的にユニクロでは追加生産をあまりしないのですがこのアイテムは追加生産し、発売後に新しい色も追加で作られ、今でも店頭に並んで販売されている状況です。
おそらく想定の数倍売れたので再生産されたのでしょう。
 

そして今回紹介しているヒートテックTは、この春夏に販売されたエアリズムオーバーサイズTシャツの秋冬版と思ってもらえるとわかりやすいと思います。
 


UNIQLO
エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(5分袖) 1,500円


 

作りとしてはエアリズムTシャツと全く同じです。
エアリズムTの生地は表地がコットンで裏地がエアリズムという仕組みでした。
表地はコットンなので完全に天然繊維の高級感ある風合い。ただ裏地は化学繊維のエアリズムなので肌あたりが良く、接触冷感機能がありムレにくいという特徴があった。
 

通常この仕組みで、コットンとエアリズム素材の2枚仕立てにすると暑苦しくなってしまいますが・・・そうではなく素材の糸の出し方で表側にコットン糸が、裏側にエアリズム素材が出るように作られています。
生地を2枚貼りつけているわけではなく、1枚の生地で表と裏の繊維組織を変えるという方法をとっていたんですね。
 

エアリズムの肌着を持っている方も多いと思いますが・・・エアリズムの肌着はどうしても化学繊維感が強くて安っぽく、なかなか1枚では着られない。
ただエアリズムTシャツの場合は、表側が高級Tシャツなどに使われるツヤ感があるコットン素材なので一枚で着てもかっこいい。そして裏側はエアリズムなので涼しさと通気性を確保しているので快適という、コットンとエアリズムの良いとこ取りをしているのが春夏に発売されたエアリズムTシャツ。
 

その秋冬版が今回紹介しているヒートテックコットンクルーネックT。
こちらではエアリズムではなくヒートテックで同じ作り方をしているわけですね。
このアイテムを実際商品を手に取る機会があれば、是非触ってみて表側と裏側の素材感の違いを体感してみてください。
表と裏で全く違う感覚なのが新鮮で面白く感じるはずです。
 


表側
 


裏側
 

表側は綺麗なコットン面ですね。ヒートテックもやはり一枚で着るのはなかなか難しかったでしょう。
どうしも肌着感が強く、テカテカした安っぽい感じが気になってしまう。
そこで表側はコットン糸を使って高級感を表現し、裏側はヒートテック素材なので保温性があり暖かい
おそらくこちらインラインとして初めての1枚着として使えるヒートテックとして提案してるわけですね。
 

パッと見は割と薄手に見えますが、ヒートテックなので実際はニットくらい暖かく保温性が高いんですよ。
今は都内だと昼間20℃前後だと思いますが、まだこれ1枚ならギリギリいけるんじゃないかな。夜にこれ1枚だとさすがにちょっと寒いですが。
薄手ニットくらいの保温性があるので見た目以上に温かく快適に過ごせると思います。
 

というのも・・・ニットがあまり好きではない方って実は結構いるのではないでしょうか
モノによるからもちろん一概には言えませんが、個人的にニットよりカットソーの方が好きなんです。
YouTubeのMBチャンネルの動画を見てくださってる方ならわかるかもしれませんが、私が動画内で話しているときの服装はカットソーが圧倒的に多いと思うんですね。
チャンネルを開設して丸一年が経ちましたが、春夏秋冬どの季節でもニットを着ているタイミングってそれほどないはず。
 

というのも私汗っかきでニットを屋内で着ると暑苦しく感じてしまうんですね。
後もう一つ大きなポイントは、ニットだとシルエットが綺麗に出ないものが多いこと。
もちろんニットのシルエット全てが悪いと言っているわけではなく、もちろんモノによりますが・・・例えばユニクロのラムウールとロンTを比べてみると明らかにロンTの方が形が綺麗。
 

なぜかいうとニットは基本的に裾や袖にリブをつけるでしょう。
リブには締め付けがあるから、着ていると裾のリブが段々と上にずれてきてお腹がぽっこりとして見えたり、袖先にたるみができたりしてあまり綺麗に見えないと思うんですね。
ただリブがついているのは防寒性を意識して風を通さないためなのでしょうがないこと。
とはいえ特にラムウールのようなモコモコとした温かみのあるニットだと、どうしても体のシルエットがずんぐり見えてしまう。
あと冬のインナーとしてはニットの他にスウェットやパーカーになると思うんですが、それらも裏毛タイプはやはりモコモコしているから体型を綺麗に見せづらい。
 


 

その点ロンTはすっきりとしていて体型が綺麗に見えるんです。薄手だからストンと落ち感があり、これは袖先にリブがあるけれどニットのリブよりもきつくない。そして裾にはリブがついてないので、体のラインを非常に綺麗に見せらます。
これは一般的なことですが、カットソーはシルエットが綺麗だけれど防寒性が低く寒い。
対してニットはシルエットがずんぐり見えるけれど、保温性があり暖かいという対立関係がある。もちろん例外もありますが。
 

で、このカットソーが優れているのは体型が綺麗に見えるけれどニット並みの保温があるところ。
だからアウターを脱いでもシルエットが綺麗だからかっこよく見え、なおかつニット並みの暖かさがあるから冬のインナーとしても使える。そしてもちろん秋くらいなら1枚でも使えるという非常に利便性が高い。
 

ヒートテックを使うとどうしても安っぽい風合いになってしまう。そこで表地と裏地の組織を変えることで高級なカットソーに見えるけれど裏側はヒートテックで暖かいという画期的なアイテムというわけです。
 

良質な素材だからこそなせる発色の良さ

 


 

本当に1,500円では考えられないような風合いでものすごく良い素材感で、ツヤ感がありブランド品のような仕上がりです。
そして素材が良いので発色もかなり綺麗。
今回の色展開はパリのチームが作っているらしく、白や黒などベーシックな色だけでなく、秋っぽいマスタードや少し赤が混ざったようなダークブラウン。あと少し黄味がかった白のナチュラル、そしてなぜか品番が違うのですが、ミックス糸が使われたダークグレーも展開されています。
 


 

均一なグレーではなく、赤っぽい色と黄色っぽい糸がちらりと見えるようなミックス糸が使われたグレー。
シンプルで均一なグレーだとどうしても肌着っぽさがありますが、表情のある糸を使うことで肌着っぽさがなく非常に綺麗な風合いに仕上がっています。
 

少しだけ苦言を呈すと、黒はほんの少し褪せたようなチャコールかがっただ黒なんですね。
個人的には真っ黒を作ってくれるともっと良かったなと思うんですが、この黒でも全く問題なく使えます。
 


 

あと今回は同じ白でも、オフホワイトのようなナチュラルカラーがありますね。
個人的には真っ白が結構好きなんですが・・・真っ白は汚れが目立ちやすくて使いづらいと考える方は、こうしたナチュラルなカラーリングもおすすめです。

個人的には白黒のベーシックなカラーリングと、マスタードが良い色合いだと思います
ミックス糸のグレーも1枚で着ても映える色でかっこいいのですごくおすすめ
今回レビュー用に全色1枚ずつ買ってきましたが、あまりにも良かったので実は白と黒は6枚ずつ買いました。
 

肌着に見えないサイズの選び方の重要性

 

今回発売当日に店頭で買ってきたんですが、店頭ではXLサイズまでしかないため4XLをネットで注文しました。
4XLが手元に届いたら、今度サイズの違いについてもまた解説しようと思います。


 

こちら着用しているのはXLサイズ。
私は175㎝69㎏の体型でXLサイズなら程よくゆとりができるくらいです。
普段ユニクロだとLサイズを着ることが多いのですが、今回ワンサイズ上げてXLサイズを選んでいます。
 


 

こちらは白のLサイズ。
やはりヒートテックは1枚で着たときに、肌着っぽく安っぽい印象になるのを一番避けたいところ。
肌着は基本的にぴたっと細いものなので、肌着っぽく見せないために少しゆとりのあるサイズ感を選んであげた方がより高級感を出せます


 

実際白のLサイズを着てみるとやはり身幅が少し細く感じられ肌着感が出てしまうので、ワンサイズ上げて着ることをおすすめします。
 

そしてまだ届いていないから何とも言えませんが、個人的には4XLくらいでゆとりをもって着るのが好きかなあ。
以前エアリズムUVカットクルーネックTのXLと4XLを着て、どれくらい印象が変わるのかを比べてみるという検証を行いました。
それでも分かる通りなのですが、4XLって意外とそんなに大きくないんです
例えばトレンドの最前線にいる東京のデザイナーズブランド、オーラリーやコモリ、シュタインなどのブランドのLサイズと、ユニクロの4XLの実寸値を比べると実はそれほど差はない。
 

4XLという単語を聞くと「すごくダボダボになるんじゃないか」「お相撲さんが着るようなめちゃくちゃ大きいサイズなんじゃないか」と思う人も結構いると思いますが、全然そんなことありません。
MサイズとLサイズの違いもに2cmずつくらいしか変わらない。
なので4XLにしたとしても着られないほどものすごく大きくはならない。
なのでむしろ4XLくらいを選んであげた方が、デザイナーズブランド並みのシルエットで着られると思います。
せっかく良い素材で値段も安いので、4XLにチャレンジするにはちょうどいいアイテムです。
4XLサイズが実際届いたらレビューとコーディネート指南をやるつもりですが、人気商品でおそらくすぐにサイズがなくなってしまうと思うので、ダメ元で4XLを1着おさえてみてはいかがでしょうか。
 

もちろんあまりにも大きいサイズだとちょっと怖いなと思っている方は、自分のサイズよりも1サイズか2サイズ上くらいを買うと、程よく体型が隠れて肌着っぽく見えず1枚でもかっこいいカットソーとして着られるので是非チェックしてみてください。
 


 

これ本当によく考えて作られている良いアイテム。シルエットはクラシックなTシャツの形なのですが、ショルダーが落ちていて体型を隠してスタイリッシュに見えるシルエット
になっています。
あとは色展開もヨーロッパらしいですね。定番の白と黒だけでなく、ミルク色やマスタード、ミックスのグレーを作るセンスがさすが。
グレー単色だとどうしても肌着っぽく見えてしまうので、ミックス糸で肌着っぽく見せないというアプローチは大正解中の大正解だと思います。
すごく良いアイテムで1,500円という驚異的な値段。正直これがアローズなどのセレクトショップに15,000円で並んでいても臆せず買うと思います。
是非なくなる前にチェックしてみてください。
 

というわけで今回はユニクロUのヒートテックコットンクルーネックTをレビューしました。発売後すぐに購入しているため駆け足の解説となってしまいましたが、4XLが実際に届いたら着こなしの指南なども行いますので、興味があればチェックしてみてください。
 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月550円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. 告知

    PLST・MBコラボ「NEW MBワイドスラックス」明日3日発売です!!
  2. オシャレになる前の基礎知識

    流行のシャワー効果、流行はどこから来てどこへ行くのか。
  3. 素材について

    なぜ昔の貴族は召使いに着替えを手伝わせていたのか?
  4. 告知

    【ヘビーアウターが売れない理由とは?】12,500円で購入可能なMBシャツジャケット発売!
  5. バッグ編

    【メンズが覚えるべき6つのバッグ】メッセンジャーからクラッチバッグまでファッション知識増に!!
PAGE TOP