ユニクロでオシャレをする!

【UNIQLO】1,990円のユニクロ白シャツを最大限おしゃれに見せるためには!?

 

スポンサーリンク

 

 

今回も「ユニクロを使っておしゃれになろう」企画です。今回使用するのはまたしてもエクストラファインコットンブロードシャツの白。以前はチェックシャツバージョンを解説しましたが今回はメンズアイテムの定番中の定番である白シャツを使っておしゃれになっていきましょう。

 

マストバイアイテムである万能な「白シャツ」

 

UNIQLO
エクストラファインコットンブロードシャツ(ボタンダウン・長袖)


 

まずこのアイテムの説明から。今このブログを読んでこれからおしゃれになろうという人もたくさんいると思いますが、まず一番初めに買わなければいけないメンズアイテムは白シャツであると断言します。
もちろん黒いパンツや革靴など他にも必要なものはありますが、白いシャツは本当にマストバイアイテムなので1枚は絶対ワードローブとして持っておいてください。ユニクロにこだわらなくても構いません。
なぜかというとの洋服はドレスとカジュアルのバランスを取るということが非常に大事なわけです。
例えばおしゃれに見せようと思ってドレスライクなアイテムばかりを使うと、かっこいい代わりにどうしても仕事帰り感が出てしまう。しかしそれを崩そうとしてTシャツやパーカー、デニム、スニーカーなどカジュアルなアイテムを使いすぎると、今度はコンビニに行くようなスタイルになってしまう。そのためスーツで使うドレスアイテムとカジュアルアイテムを程よく織り交ぜてバランスを取ることが非常に大事になってくるのですが、ここで一つ問題があります。
 

実はドレスのアイテムは意外と少ないのです。
よく考えてみてください・・・私は常々ドレスとカジュアルとよく言っていますが、ドレスアイテムいうのはスーツで使われるアイテムのことを指します。ジャケット、スラックス、シャツ、革靴などですね。そしてカジュアルアイテムはそれ以外のもの。つまりアウトドアアイテムもスポーツアイテムもミリタリーアイテムも全てカジュアルなアイテムに分類されます。
そう考えるとドレスアイテムがとても貴重なものであることがわかります。
ドレスとして使えるアイテムというとテーラードジャケットにシャツ、スラックス、革靴。あとネクタイやスカーフなど首の巻物やロングコート、ハット・・・それくらいなのですごく少ないわけです。だから数少ないドレスアイテムをどれだけワールドローブの中に揃えておくかでおしゃれな着回しができるかどうかが決まる。
 

そして数少ないドレスアイテムの内の一つである白シャツは、ジャケットやロングコートと違ってオールシーズン使えます。
春秋冬はもちろん夏も袖を捲れば使えるとても便利な代物なので絶対に1着は持っておきましょう。
 

そして白シャツは昔ならすごく高いアイテムばかりでしたが、今はユニクロがエクストラファインコットンブロードという超極上の素材で2,000円以下という破格の値段で販売しているので、ユニクロを選んでいいのではないでしょうか。もちろん好みによって無印やGU、H&Mのものを選ぶなど色々あると思いますが、私は無印かユニクロがいいかと思います。
無印もすごくいいのですがけど丈が少し短いので低身長の方などは無印の方がバランスを取りやすいかもしれません。ただそうじゃない限りはユニクロの方をおすすめします。
 

差別化できる白シャツの着こなし

そんなエクストラファインコットンブロードの定番中の定番である白シャツ。これをいかにして着こなすかですが、まずはよくある着こなし例を見てみましょう。
 


 

「別にそんなに悪くないじゃん」と思われるかもしれませんが、この着こなしだと仕事感が強く残ってしまいます。使っているアイテムは白シャツに黒のスラックスに黒い革靴・・・まさにクールビズのスタイルですね。
例えば夜のデートならこのくらいキメてもいいかもしれませんが、昼間映画に行く約束やちょっと遊びに行く約束のときにこの姿で行くと「あれ、今日仕事だったのかな?」と思われてしまう。
かっこいいけれども普段着のおしゃれかと言われると難しい領域になってしまいます。
では普段着のおしゃれにするには何をどのように変えればいいのでしょうか。
 


 

こちらでは思い切ってパンツのシルエットを変えてみました。
白シャツに黒スラックスを合わせると大人っぽくてかっこいいですよね。ヨウジヤマモトやコムデギャルソンでもそういう着こなしの提案をしていますが、それも少し間違えると先程のように仕事帰りのような印象になってしまいます。
 

それをどう変えるかというと、シルエットで変えればいいのです。
シルエットにも実はドレスとカジュアルの区分が存在しており、太いシルエットはカジュアルに分類されます。リラックスパンツやスウェットパンツを思い出しみるとわかりやすいでしょう。対してドレスなパンツ、例えばスーツで使うスラックスなどはわざわざオーダーして体にぴったりの細いサイズ作る。
そこからわかる通りドレスは細いシルエット、カジュアルは太いシルエットなのです。
なので白シャツに黒スラックスの着こなしでも、スラックスを思いっきり太くするとカジュアル寄りになるので仕事着のようになりません。
これはかなり使えるテクニックなので覚えてみてください。白シャツと黒スラックスのスタイルが好きだけれど素人のように見せたくない・・・そう思ったらシルエットを崩してみましょう。ただし上下ともシルエットがゆったりしているとやんちゃな中学生のように見えてしまうのでメリハリをつけることを忘れないでください。
 

この着こなしはAラインシルエットという形です。ボトムスが太い場合はトップスをちょっと細身にするとメリハリがついてバランスが取れます。逆も然りでトップスがゆったりしていたらパンツは細くする。
そうして上下のメリハリをつけるのがシルエット論の基本ですが、この着こなしもパンツは思いっきり太くしたのでトップスのシャツは細身が最適です。
ただそうした着こなしのためだけにわざわざ細身のシャツを買いなおすのも気が引けます。そんなときはタックインを取り入れましょう。
タックインをするとトップスの面積が小さくコンパクトに見えるので太めのスラックス合わせたときでもメリハリをつけられるわけです。
 

足元は革靴を合わせていますが、実は革靴もバランスを考えて合わせています。
 

 

こちらが普通の革靴。
 


 

今回このコーディネートで使っているのがこの革靴。
 

レザー素材だけれどソールがとても薄くスリッパのような作りになっています。
これは紐が付いている堅牢な革靴と比べると、ややスニーカーに近い印象になるのです。
この着こなしの場合、紐のついた普通の革靴を合わせるとキメ過ぎで仕事帰り感が出てしまいますが、こうした薄いソールの革靴を選ぶと若干崩した印象になるのでビジネス感が出なくなります。

 
バレエシューズやスリッポン、オペラシューズなどで検索すると出てくるのでぜひ気に入ったものをひとつ見つけてみてください。
 

このように同じ白シャツと黒スラックスの着こなしでも、シルエットを変えてタックインをする、そして革靴のデザインを変えるだけでずいぶんと印象変わります。
 

ワンランク上のおしゃれを実現する「小物」

 

今回はさらにもう1コーデ紹介しましょう。
 


 

白シャツにチノパンを合わせる人はすごく多いと思います。
白シャツは先程から言っている通りドレスライクなアイテムなのでちょっとおしゃれをわかっている人なら「白シャツはドレスアイテムだからパンツはカジュアルにチノパンを合わせればいいだろう」と思うわけですね。それで大正解なんですけれども、あまりにもこの着こなしをやりすぎている人が多くて他の人と差がつかないわけです。
 

白シャツにチノパンの組み合わせは確かにすごくバランスがいいし、スタイリストだったら全員もれなく知っているドレスとカジュアルのバランスの取り方です。
ただこの着こなしはあまりにも簡単でシンプルなコーディネートになるため周りと差別化できない。そこで小物をプラスして差をつけてあげましょう。
 


 

首元にスカーフを足してみました。やや上級なアイテムのようにも思えますがぜひためらわずに使ってみましょう。
スカーフの使い方はすごく簡単なのでこの機会に覚えてみてください。
ます四角形のスカーフをまず三角形におります。三角形におったらくるくると巻きます。そうすると細い筒になるのでそのまま首に引っ掛けて前で結ぶ。そしてシャツの中に入れてあげる。
これなら柄がちらっと見えておしゃれな印象になります。
 

そしてこのスカーフはネクタイと同じような効果をもたらしてくれます。
色柄は着こなしに取り入れると基本的にカジュアルで子どもっぽくなります。例えばスーツの無地とチェック柄、シャツの無地とチェック柄、どちらがカジュアルで子どもっぽく見えるかというとやはり柄が入っている方が子どもっぽく見えてしまう。
なので地味なスタイルだからと言って柄を入れてしまうとどうしても子どもっぽくなってしまうのです。
 

ただ色柄を入れるのにスカーフを使うとなぜか子どもっぽくなりません。これはスカーフが巻物でドレスアイテムの一つだから。
ストールやショール、ネクタイなどスーツスタイルでは巻物を多用します。なので巻物で柄物を入れてもそこまで子どもっぽくならない。

 

なので白シャツにチノパンはみんなやっている着こなしだからちょっと個性が出ないなと思ったら、ハードルが高いように感じるかもしれませんがぜひスカーフを使ってみてください。
スカーフはせっかく巻いているのでしっかり見せたくて思いっきり出してしまう人がいるんですが、そうする昔の与沢翼さんみたいになってしまうので・・・見せる面積はちゃんと抑えましょう。
 

そもそも顔周りは視線が集まって目立つところなので、チラッと見えるだけでも全然印象が変わります。なので本当にさりげなくでいいのです。このさりげないけれどちょっと柄が見えているところに個性がプラスされておしゃれに見えるので、白シャツとチノパンのバランスが取れた着こなしだけだとちょっとつまらないと思う人はぜひスカーフを入れてみてください。
 

スカーフは古着屋でも探してもいいし、ザラやユニクロのレディースなら1,000~2,000円くらいで買えるので気に入ったものを見つけるのも楽しいと思います。
あとはこの着こなしでなぜ茶色の革靴を選んでいるかと言うと、茶色の革靴にするとパンツと色味が近いので一体化して脚が長く見えるわけです。
仮に茶色のパンツで黒の靴を合わせると色差が激しいから足が長く見えない。
ところが茶色のパンツに茶色の靴を合わせると脚がすらっと長く見えます。このように色合わせにもシルエットにも全て細かくロジックがあるんですが、より詳しく知りたい人はぜひメルマガに登録してみてください。
 
ということで今回も「ユニクロを使っておしゃれになろう」企画でした。エクストラファインコットンブロードシャツ、店頭で見かけたらぜひ手にとって試してみてください。ユニクロの中でも定番アイテムで毎年展開されています。私自身も新しい柄や色を毎年買い足しているので本当にいいアイテムだと自信を持っておすすめできるのでぜひチェックしてみてください。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. 告知

    10月26日、日テレ19時から「得する人損する人」に出演します。
  2. スニーカー編

    【ジャーマントレーナーは買うべき?】着こなし方の解説、歴史、レプリカの紹介など【ドイツ軍用名作スニーカーとは】
  3. アイテムの基礎知識

    【チェスターコート?ステンカラーコート?】ロングコートの着こなし、合わせ方、トレンドを徹底解説!!アウターの基礎知識その2
  4. おすすめブランド

    ミスタージェントルマン、ディスカバード、アツシナカシマ・・・売上不調を極める東京コレクションの中で「注目株」を語る!!
  5. アウター編

    あなたは「スウィングトップ」と聞いてすぐに形を思い出せますか?春用ショートブルゾンのオススメ!
PAGE TOP