おすすめブランド

脱ユニクロにおすすめのブランド3選!!

 

スポンサーリンク

 

 
ユニクロばかりだとつまらなくなってきたし、新しくブランドを手にしてみたい!でもブランド品だと高すぎる・・・そう考えている方にぴったりの脱ユニクロにおすすめなブランドを3選ご紹介します。
 

脱ユニクロにおすすめなD2Cブランドとは?

 

今回ご紹介する脱ユニクロにおすすめな3ブラントは「D2C」という販売形式をとっています。D2Cとは「Direct to Consumer」の略で、簡単に説明すると「Direct(ダイレクト)」という言葉の感覚の通り洋服を作っているメーカーが顧客に直接商品を販売する形式のこと。ただD2Cの定義ははっきりしない部分が多いので難しいところですが、基本的にはこう解釈して問題ありません。
 

ではこのD2C形式の何がすごいかというと・・・本来洋服を作るメーカーが顧客に商品を届ける場合、小売店に卸して販売してもらうのが一般的です。メーカーがモノ作りをして、ユナイテッドアローズやBEAMSなどのセレクトショップにモノを卸す。そしてセレクトショップが顧客にモノを販売する、つまり生産と販売の間に小売店を絡むことになるわけです。
 


 

そのため洋服を作ってるメーカー、そしてモノを卸して販売した小売店も当然利益を取らなければいけない。こうして小売店が絡む分だけモノの価格は当然高くなる。
モノを販売するにあたって、商品と顧客の間に会社が絡めば絡むほど、その規模と人数が大きいほど価格は高くなるという経済原理が働きます。
そしてD2Cブランドは一般的なメーカーと違って中間にセレクトショップなどの小売店を挟んでない分、モノを安く顧客に販売できるのです。
 

ではなぜメーカーはわざわざ小売店を挟むのか、というとそもそも販売力がないからです。
「モノを作ること」と「人に販売すること」はビジネス構造が全然違いますし、必要なテクニックも全く異なります。
だからメーカーはモノを作れるけれど売ることができない、小売店は販売できるけれどモノは作れない、という関係性なので相互に補完し合っているわけです。
 

ところが最近は生産と販売の境界線が曖昧になってきつつあります。
 

例えばメーカーは「今までは自分たちで販売する手段を持っていなかったけど、今ならWebで売れるじゃん!」と考えてD2Cが増えている。対して小売店は「自分たちでも商品作れるのでは?」と考えて展開したオリジナルブランドが大きくなりコレクションブランドになった例もある。
テクノロジーやビジネス形態の進化によって生産と販売の関係性が近年徐々に曖昧になってきたという背景があります。
いずれにしろ今の世の中の流れとしてD2Cブランドは一般的なブランドより比較的コスパが良いと言えるでしょう。
 

もちろんコスパが良いことだけが全てではありません。販売のことなんて全く考えず、職人のように作ることに集中してできる洋服はやはり輝きが違います。それに販売と生産どちらもやると曖昧で散漫なモノができあがりやすいのも事実です。
 


 

販売を意識するほど「世の中に受ける」ことを考え始めるのが人の常。そうなると個性のない洋服がどんどん出てきてしまいます。
しかしベーシックな洋服を着るならユニクロでいいと多くの人は考えるでしょう。なぜブランドの服を着るのかというと、他の人よりも良いものを着たい、デザイン性の高いものを着たい、そういう考えに基づいて個性のあるブランド品の服が欲しいと思うわけです。
なのでブランドで大衆に受ける無個性なものを追求すると、ユニクロと大して変わらないのに値段だけ高くなるという矛盾が起こります。
 

これが厄介なところで、販売を意識すると大勢の人に買ってもらうために個性をそぎ落としてしまう。そうするとユニクロと変わらない洋服ができあがる。だから販売しながら生産するのは意外と難しいのです。
 

そうした意味でD2Cブランドが必ずしも優れているとは思いません、ただし普段ユニクロを買っている人からするとブランドの服を買うことにどうしても抵抗があるのも事実。
そんなときD2Cブランドなら、高級ブランドと同じようなデザインと質感のアイテムを3割くらい安く買えてしまう。
なのでブランド服を買う最初の一歩としてD2Cブランドを選ぶのはとても賢い選択です。
 

PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ)

 



 

というわけでD2Cブランド一つ目にご紹介するのは「PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ)」。TOKYO BASE(トウキョウベース)という会社が経営しているブランドです。
一口にD2Cと言っても様々なテイストのブランドがあります。その中でパブリックトウキョウの特徴はパーカーやデニム、カバーオールなどのカジュアルアイテムが非常に得意だということ。
 


 

PUBLIC TOKYO
極 フードプルオーバー 11,000円

極 フードプルオーバー | PUBLIC TOKYO
【PUBLIC TOKYO】上質素材にこだわり、都会的なニューベーシックスタイルを追求した「極」シリーズ 素材とフォルムにとことんこだわった、PUBLIC TOKYOを代表するフー...

 

パーカーと言えば私は散々ユニクロのものをおすすめしています。フードの立ちが良くシルエットが綺麗で価格も安い。
画像のパーカーはパブリックトウキョウの代表作なのですが、D2Cブランドで価格が安いと言っても1万円します。「えっパーカーで1万円?!高けえ…」と思うかもしれませんがこのパーカー、普通のブランドなら1万円じゃ絶対に作れません。
 

これ「極フードプルオーバー」という名前で・・・名前は非常にダサいと思うんですが(谷社長ごめんなさい)、確かに極まっています。
スウェット素材はどうしてもシワ感が出たり、カジュアルで子どもっぽい印象や部屋着感が出てしまいがち。
しかしこのパーカーはシルク調のつるっとした質感で大人っぽいけれどしっかりスウェットの膨らみがあります。
一般的にはつるっとした風合いを出そうとすると生地が薄くなってしまいます。この意外と両立が難しい2つのポイントを実現している優秀なアイテムなのです。
 


 

もうひとつのポイントはフードの立ち具合。このパーカーはフードが首に沿ってぐっと立ちます。
確かにユニクロのパーカーも確かにフードはしっかり立ちますが、それはあくまで3,000円という価格の中ではありえないという話。
そして最低でも1万5000円は出さないとユニクロのパーカー以上に作り込まれたパーカーは手に入らないでしょう。
 

しかしこの極フードプルオーバーは1万円ジャストでユニクロのパーカーを遥かに上回っています。満足度は間違いなくユニクロのパーカーよりも上です。
ただそれが値段の通り3倍満足度が高いかといわれると人によるので難しいところですが・・・単純にフードの立ち方、一枚で着た時の格好良さは極パーカーの方が上です。
ですから1万円で満足度の高いパーカーがどんなものか興味がある人は是非この極パーカーを着てみてください。
この超高級ブランドのような素材感で国産にも関わらず1万円という価格のパーカーは他のブランドでは絶対見つかりません。興味があればぜひ着てみてください。

 

MAISON SPECIAL(メゾンスペシャル)

 



 

次のおすすめは「MAISON SPECIAL(メゾンスペシャル)」。メゾンスペシャルはサザビーリーグというアパレルでも大手の会社が展開しているブランドです。
 

メゾンスペシャルの得意とするものはスーツ系
高級素材メーカーであるロロピアーナのフォーシーズンという定番の素材を使ったスーツを販売しています。伊勢丹などでこの生地を使ったスーツを買おうとすると、10万超えるものもザラにある。ところメゾンスペシャルなら5万円くらいで手に入ります。
もちろんスーツは素材だけで価格が決まるわけではありませんが、いかにもD2Cらしい非常に安くていいものを出せるのがメゾンスペシャルの特徴です。
 

スーツも仕事用からカジュアルに使えるものまでラインナップが豊富にあります。
他にも高いものだと3、4万円する名門素材メーカーであるマンテコの生地を使ったシャツを1万円ほどで販売していたりと、素材で考えるならかなりお得なD2Cブランドです。
 


 

MAISON SPECIAL
シルケットラインソックス 1,650円

 

メゾンスペシャルではスーツもおすすめなのですが、実はこの靴下がすごくおすすめ。
この靴下何が良いのかというと、まずはこのデザイン。
昨今のトレンドでアンクルパンツを履く機会がぐんと増えました。ただアンクルパンツを履こうとすると靴下が出てしまいます。
人の視線はどうしても先端に偏るので、先端である靴下の部分は視線が集まりやすくて目立つんです。だからほんのわずかな面積でもどんな靴下を選ぶかというのは意外と重要度が高い
そうして悩んでいる方にぜひメゾンスペシャルの靴下をおすすめしたいのです。

もちろんインソックスで素肌を見せるなら悩む必要はないけれど、それだと季節によっては寒いのでどうしても靴下を入れなきゃいけない場合がある。
そのときにユニクロの無地ソックスを選ぶとちょっとダサい。なのでおしゃれをしてるという意思表示をするために柄ソックスを使うことになりますが、ビジネスで使うようなアーガイルのソックスだと今度はおじさんっぽくなってしまう。
 


 

シンプルなものがいいけれど肌着っぽくなく、おしゃれをしてる感はあるけど派手にならないものが欲しい・・・という願いを叶えた絶妙なデザインがこの1本ラインが入ったソックスなのです。
 

もうひとつのポイントは、素材感がものすごく良いところ。
ここまでツヤ感があり肉厚でしかも1500円。今まで見たことないぐらいレベルが高いです。アンクルパンツの靴下に困っている方は特にチェックしてみてください。
 

UNITED TOKYO(ユナイテッドトウキョウ)

 


UNITED TOKYO公式通販サイト|UNITED TOKYO ONLINE STORE
UNITED TOKYO(ユナイテッドトウキョウ)の公式サイト・直営通販サイトです。オンラインショップは1万円以上送料無料、ポイント5%還元。ALL MADE IN JAPANのウィメンズ...

 
後にご紹介するD2Cブランドは「UNITED TOKYO(ユナイテッドトウキョウ)」。このブランドも最初に紹介したトウキョウベースが運営しているブランドです。
同じ会社がやっているブランドを複数紹介するのは避けたいところなのですが、手に取りやすい代表的なD2Cブランドとなると限られてしまうのでご了承ください。
 

ユナイテッドトウキョウはデザイン性の高いモードな洋服を得意としています。実はモードというのは定義がすごく難しいんですが、いわゆるコレクションブランドらしい最先端なトレンド服の提案がすごく上手です。
なおかつカジュアル路線ではなく、ジャケットやスラックスなどドレスライクなアイテムが得意。
 

ユナイテッドトウキョウでは崩しめのスーツを取り扱っています。なのでオン用としては使えませんが、オフ用のスーツとしては非常に面白いアイテムです。
 


 

UNITED TOKYO
KOMATSUコーティングboxジャケット 28,600円


 

このジャケットは特に面白いアイテム。全体の作りがブルゾンに近い構造になっています。
例えば身幅。ジャケットは通常体のラインが立体的に出るようくびれをイメージして胴にシェイプを入れますが、このジャケットはシェイプがなくウエストがストンと直線的に落ちていて身幅がかなり広めに作られています。あとは裾も通常ラウンドさせて角度がついていますが、このジャケットは
ブルゾンと同じようにまっすぐフラットにしてある。
 

ウエストが直線的で身幅が広く裾がフラット、このようなボックスシルエットは基本的にGジャンやミリタリージャケットなどのブルゾンの形です。ジャケットだけれどボックスシルエットで、ゆったりと見せている。なので上下のスーツでも全然フォーマル感が出ません。
 


 

最近はオフでもスーツを着るのがトレンドではありますが、オフスタイルでスーツを着て仕事帰りに思われるのが嫌な人もいるはず。しかしこのジャケットなら明らかにサイズも形もビジネススーツと異なるので仕事帰りと言われなくなるのがすごくいいところです。
 

今回紹介した3ブランドの中で一番値段は高いですが、トレンドライクなデザインでおそらくほとんどの商品が国産だと思います。本当にハイブランドと比べてもそこまで見劣りするようなアイテムがないくらいクオリティは高いです。

 

なのでユニクロを卒業したいけれどハイブランドまではいらない、という人が買うのにちょうどいいアイテムが揃っているのでおすすめです。
 

ということで脱ユニクロに最適なD2Cブランドを3つご紹介しました。
こだわって作られた良質なアイテムが揃っていて値段も安くコスパが良いものばかりなのでぜひチェックしてみてください。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. メルマガ告知

    服好きを自称するならば”イブ・サンローラン”を知るべし!
  2. 告知

    2月4日(土)15時から!!新潟駅直結ジュンク堂書店さんにてMB凱旋トークショーを開催します!!
  3. メルマガ告知

    『チェック柄』最強活用法!ツイードジャケットどう着る!?
  4. アパレル業界裏話

    カシミア製品の大半は偽物?子供服は何故高い?アパレルの闇を暴きます。
  5. シルエットの基本

    【ショップスタッフのようにサマにならない!!】ブルゾン、ジャケットの着こなしのコツはインナーの着丈にあり!!【春のアウタースタイルに!!】
PAGE TOP