服のケア

スラックスの正しい保管方法<アイロンをかけずにシワを取る方法>

 

スポンサーリンク

 

「洋服ってどう保管しておくのが正しいの?」
「ニットをハンガーにかけてたらシワがついちゃった・・・」
「スラックスをかけてたら真ん中の折りシワが消えてしまった・・・」

洋服の保管方法はなにかと困るもの。なにしろ店員さんが正しい保管方法を教えてくれない。ブランド店では「この商品がいかに優れているか」は嫌というほど教えてくれるけれど「購入後の保管方法、トラブルがあった時の対処法」などはほとんど教えてくれません。ユニクロなどの量販店でもケア方法などはほぼどこにも記載ナシ。誰も教えてくれないから困るのは当たり前ですね。。。

 

そこで洋服のケア方法についてお教えします。
今回はスラックスの保管方法について。

 

デニムとスラックスは別物!保管方法も全然違う!

 

 

ビジネスマンでは誰もが使うスラックス。最近では日常着でも使われるようになりました。ユニクロがさんざ「アンクルスラックス」を猛烈プッシュしているお陰で普段着にも浸透。日本人男子はチノパン・デニム一辺倒からようやく脱出できそうです。

 

しかし同時に困るのが保管方法です。

デニムやチノなどは元来労働者用のワーク素材。タフで頑丈、家庭用洗濯機でガラガラと洗えるイージーケア。加えてシワがつこうが型崩れして伸びようが「それが味だ」で片付けられるカジュアルなイメージがあるため、さして保管方法には困りません。テキトーにそのへんに投げておいても問題なし。カビが生えるまで穿き続けられます。

しかしスラックスは別。シワがなくスタイリッシュに見えるから格好良いのがスラックス。ビジネスマンであれば誰でも理解できるでしょうが、穿きこみすぎてシワがついたスラックスほど格好悪いものはありませんね。膝裏や股間周りのシワ感、座りすぎてテカりが出てしまったお尻などなど・・・ドレスアイテムは「それが味だ」で片付けれられないのが厄介。だらしなく不潔な印象すら与えてしまい「女子ウケ」にも影響を及ぼすでしょう。

加えてスラックスはとにかく型崩れしやすい。デニムやチノと比べて柔らかく滑らかな素材だけにどうしてもシワがつきやすく、ダメージを受けやすく脆い。試しにスラックスをデニムやチノと同じようにテキトーにその辺に投げて保管してみてください。たった1日で見るも無残にシワだらけになるでしょう。それをアイロンでいちいち戻すのも大変です。

 

ハンガー保管が基本だけど・・・掛け方には注意点アリ

 

まず大前提。スラックスは畳んで保管はNGです。
昨今高機能素材スラックスなども増えてきており「畳んでもシワになりにくい形状記憶素材」などもありますから、もちろん一概には言えません。ですが基本は「畳みはNG」と覚えてください。普通のスーツ素材などのスラックスであれば畳んで保管すれば自重で折りシワがついてしまうでしょう。穿いた時に膝付近に真横にシワがついた状態になりますよ。

 

畳みがNGということで基本はハンガーで吊るす保管方法です。「スラックス用のハンガーなんて持ってないよ」という一人暮らしの男性は今すぐ100均へ行きましょう。100均でもamazonでもいくらでも安く売ってます。見栄えを気にしないなら激安で手にはいるので買っておきましょう。だって100円のハンガーでクリーニングに出す頻度が減ると思えばそっちの方がお得でしょ?

こんなので十分です。

ちなみに私がアトリエで使っているのはこのタイプ。
高級ホテルなどでも見かける名門老舗「ナカタハンガー」ですから高いですが・・・材質や使い勝手などそこまで気にしないなら格安品で十分です。「シワをつけずに保管する」という最低限の機能性はどのハンガーでもあります。こだわりがないなら無理をする必要はありません。

 

さてただしこのハンガーの掛け方はあまりおすすめできません。
画像を見てみてください。スラックスを開いてハンガーにかけている状態になっていますね。これだとスラックスの真ん中の線「センタープレス」が消える原因となります。

もちろん短時間であればこの掛け方でも問題ないのですが、長時間このままにしておくと徐々にセンタープレスが薄くなってしまいます。スラックスをスラリと脚長に見せてくれるのが真ん中の折り目「センタープレス」の役目。これが薄くなり消えていってしまうとスラックスらしい「スラリ」とした印象が消えてしまいます。縦のラインを意識させる重要なポイントなのですね。(センタープレスがないカジュアルスラックスもあります)

 

案外知らない「保管時にボタンは留めちゃダメ」

 

というわけで正解はこちらです。

センタープレスに沿って両足を畳んで揃えてあげてください。こうすることでセンタープレスが消えにくくキープできます。
ただしこちらも注意点がひとつ。

ついついやってしまいがちなのですがウエストのボタンは留めないで保管しましょう。
ボタンを留めてハンガーにかけようとすると・・・ボタンのせいで変にウエスト部分が浮いてしまい型崩れの原因となります。実際にやってみるとわかりますが、妙にウエスト前側が浮いちゃうんですね。気をつけてください。

 

ちなみにこれジャケットも同じです。
ジャケットをハンガーにかける時はボタンを外すのが基本ですので要注意。スーツ屋さんであればほぼボタンを外した状態になっていますが、スーツをたまにしか扱わないようなカジュアルショップやセレクトショップなどでは往々にしてボタンが止めたままハンギングされていることがあります。これは型崩れの原因となるのでディスプレー上の理由がない以外は避けた方が良いですよスタッフさん。

そもそもジャケットは体の膨らみに合わせて立体的な形になっています。なのでボタンを止めると胸やお腹周りに膨らみが出る様に作られています。人間が着用した際にボタンを止めればお腹や胸にちょうどよくフィットするためシワが出ないわけですが、ハンガーで人間の体がない状態だとその膨らみが行き場をなくしてシワになってしまうのです。これが型崩れの原因ともなります。

実際にスーツのジャケットで試してみてください。ボタンを留めて保管するのと、ボタンを外して保管するのとどちらが綺麗に見えますか?シワなく収まるのはボタンを外した時のはずです。これ案外知らない人が多いので要注意。

 

出張族にオススメの「逆さ吊り」

 

 

それとこれは出張族の方々におすすめですが、アイロン無しでもシワがある程度消える方法です。スラックスの逆さ吊りですね。

 

これはスラックスの自重を利用します。スラックスというかパンツ全般は、裾に比べてウエスト周りの方が生地やパーツの量が多く重量があります。なので逆さに釣ってあげると自重と重力により下に引っ張る力が強くなります。するとシワが伸びやすくセンタープレスも元に戻りやすいというわけです。

1日穿いた程度のシワなら逆さ吊りを一晩やるだけで元に戻ることも。出張時は是非試してみてください。

 

余裕があればブラッシングを

 

またどの程度の人が実践するか疑問ではありますが・・・もし余裕があればブラッシングもやってみてください。特にスーツなど高級ウールを使用しているスラックスでは効果的です。形状維持性が高い化学繊維などではさほど気にしなくても良いですが、天然素材であるウールの場合はウールの毛が使い込むうちに寝てしまい、テカリを生んでしまうことがあります。

学生時代、3年生のスラックスって大体お尻がテカッてませんでした??あれは使い込みすぎてお尻の毛が寝てしまっているから起きる現象です。基本的にはこまめにクリーニングに出すのが解決策ではありますが、クリーニングの頻度を伸ばすために「ブラッシング」がおすすめです。

 

ハンガーにかけた状態で軽くはらうようにブラッシングすると良いでしょう。毛の流れが元に戻りやすくなりテカリや毛玉防止になります。洋服ブラシはそうそうダメになるものではありませんので、1本買っておけば長く使えます。スラックスだけでなくジャケットなどにも使えますので気になる人はどうぞ。

 

もっともブラッシングはかなり丁寧でマメな人か、スーツが余程好きな人(高級スーツを持っているなど)じゃないとあまり使っていない印象です。上記に該当せずまたクリーニングを適度に行うのなら「絶対にしなければいけないもの」だとは思いません。余裕があれば、また大切に長く使いたいスラックスがあるなら是非試してみてください。

 

以上、時折こうしたケア方法の記事を投稿しますので是非参考にしてみてください。

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 流行解説

    メンズファッションの新しい流行「アスリージャー」から見る「スウェットパンツの正しい合わせ方」
  2. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    ユニクロのクールビズ用ポロシャツおすすめ3つを徹底レビュー!!
  3. お金をかけないオシャレ

    「アンダー7000円スーツ」を展開するよ!!Avail/アベイル×MBコラボ第5弾8月25日発売!!
  4. MBラボ

    MBラボによる「パーソナルスタイリングサービス」スタート!!
  5. アパレル業界裏話

    ちょっと知ったかぶれる業界話。コラボと別注の違いとは?何故多くのブランドがチャンピオンとコラボするの?
PAGE TOP