告知

ミリタリーを本格的かつモダンに仕上げた自信作!ギミックによるスタイルアップ効果も必見「MBハイエンドBDUジャケット by Vardhman」発売!

★MBハイエンドBDUジャケット by Vardhman予約はこちら(2024年2月11日21時から受注受付開始いたします)

 

※注意
今回は一般販売を行います。
メルマガ/LINE会員以外も購入可能になっています。この機会に是非ご活用ください。

商品詳細はこちらから

 

 

本製品はコストと廃棄を抑えるため全て受注生産とさせて頂いています。
お届け日程をご理解頂いた上でご注文ください。

 

MBハイエンドBDUジャケット by Vardhman

 

 

MBハイエンドBDUジャケット by Vardhman

 

商品詳細はこちらから

 

価格:38,000円(税込)

色:ブラック、カーキ、ブラウン

素材:コットン100%

生産地:
生地:インド
縫製:中国

お届け:8月上旬〜中旬
※世界情勢の影響により納期にズレが出ています。
最善を尽くしますがお届け日は多少前後する場合があります。
大きく納期が変更する際は購入時ご登録のメールアドレスにご連絡いたします。

サイズ展開:
S、M、L

サイズ詳細
Sサイズ
着丈 78.5cm
身幅(ぐるり) 121cm
裄丈 85.5cm
肩幅 52cm
袖丈 59.5cm

Mサイズ
着丈 80.5cm
身幅(ぐるり) 125cm
裄丈 88cm
肩幅 54cm
袖丈 61cm

Lサイズ
着丈 82.5cm
身幅(ぐるり) 129cm
裄丈 90.5cm
肩幅 56cm
袖丈 62.5cm

※フィッティング
MBは身長175cm体重67kgでMサイズを着用しています。

 

モダンに仕上げたB.D.U.

 

今回はMBハイエンドBDUジャケット by Vardhmanを紹介します。

実はずっとBDUジャケットはやろうと思っていたのですが、なかなか素材や作りが難しくタイミングを逸していました。

そして今回Vardhmanの素材を使用して本格的なBDUジャケットの製作に着手。

ついに完成したので発売します。

2月11日21時から2月12日23:00まで受注受付けします。

今回、ライン、メルマガ会員さん以外でも購入頂けるので、もし興味がございましたらチェックしてみてください。

 

個人的に屈指のお気に入り「色っぽミリタリー」

 

 

そもそもBDUジャケットとは何かというと、「B.D.U.」は「バトル・ドレス・ユニフォーム」の略です。

アメリカ軍に支給されていた戦闘服のこと。

古着屋さんなどでもモッズコートやMA-1などと合わせて定番のアイテムでしょう。

今回はそのBDUジャケットをベースにしました。

フィールドジャケット特有の襟のディテールやポケットなどは継承しつつモダンに作成しています。

 

 

ミリタリーを源流のままリプロダクトして現代で展開するのもいいと思いますが、せっかくやるので本来のミリタリーにはない魅力を詰め込みました。

「古着の何年代のこれを再現しました」と言うのは服好きやコレクターからしたら響くところでしょうが、MBアイテム的にはコーディネートにおけるかっこよさや美しさを考えて洋服を買われる方が多いはず。

とはいえBDUジャケットにかなり手を加えるとミリタリーから離れて嘘くさくなってしまうもの。

なので本来の持つ土臭さや男らしいかっこよさは捨てずになるべく着こなしやすくする、と言うことをテーマに作成しました。

 

 

まずBDUジャケットはM-65やMA-1にはない襟のデザインにより、シャツに近い少しフォーマルな印象があるのが特徴です。

なのでこの辺はしっかり形を気にしながらフォーマルな雰囲気が香るように作成しています。

素材はVardhmanの素材を使用しました。

Vardhmanはコットンにおいて、高級ブランドも採用しているほど世界的に有名なメーカーです。

そのVardhmanの非常に上質な高級繊維を使用させて頂きました。

 

 

表側はスラブで裏側がサテンになっているダブルフェイスの素材感です。

表側のスラブは太い糸細い糸が入り混じってランダムになったような雰囲気。

通常のコットンなどのようにツルッとした表面感ではなく、微妙に凹凸が入りヴィンテージっぽい土臭さのある素材感です。

そして裏側は微起毛されているサテン生地で肌あたりが良いものになっています。

そのため、両面合わせて土臭さと肌あたりの良さを両立しているコットン素材と言えます。

 

 

表地のスラブ生地も良質なインド綿を使用しているので光沢感が非常に綺麗です。

Vardhmanは手摘みのインド綿を使用しているので、膨らみもある良いコットンになっています。

なので高級感があるのでスラブながら土臭すぎず光沢感が残るような風合いです。

今回BDUジャケットを作成するにあたって素材が肝になると思い、良い素材をセレクトしました。

 

 

そしてウエストにはドローコードをつけています。

これは本来BDUジャケットにはない仕様ですが、ウエストラインが窄まるように仕上げています。

コードは取り外せるので、不要な場合は取ることも可能です。

コードをゆるくするとリラックスシルエットになり、絞るとウエストのくびれを作ることができます。

 

 

その際にできるくびれは通常のウエスト位置よりも少し高め。

なので着用すると足が長く見える仕組みになっています。

少し絞るだけで腰の位置を錯視されることができるので、スタイルがかなり良く見えます。

ドローコードも滑りの良い物を使用しているので、綺麗に腰位置を強調できるようにしました。

 

 

またこの手の土臭いジャケットは日本だとデニムやチノパンとどカジュアルに合わせる方が割と多い印象。

ですが、イタリア人のようにスラックスにハイゲージニットでこうしたミリタリージャケットを合わせる甘辛なスタイルもオススメです。

カジュアルなジャケットにフォーマルなインナーとスラックス、革靴などを合わせてバランスを取るのがイタリア人ぽくてかっこいいと思い、今回はそんな着こなしにハマる物を目指しました。

 

 

イタリア人は着こなしやシルエット選びがかなり上手で足が長く見えるギミックなども好きなので、僕もそれに倣って腰位置が高く見えて足が長く見えるようにしています。

ミリタリーに忠実に作成したカジュアルなアイテムながら光沢感があり高級感が出るようなVardhmanの素材を使用したバランスを意識しました。

リラックスサイズとして着用したい方はドローコードを絞らずに着用するのがオススメです。

その着こなしによって袖の太さも変化させたいと思い、今回袖の太さを三段階調整できます。

内側のボタンだと綺麗なテーパードになり、外側だとゆったりとした袖のラインになるので、是非合わせるアイテムによって試してみて下さい。

 

 

カジュアルにも、フォーマルにも合わせることができるのが良いところでしょう。

ポケットはフラップがついていてボタンを仕込んでいます。

なので物が落ちる心配もなく財布やスマホなども安心して収納でき、バッグを持たなくても困らない収納性になっています。

 

 

生地的には分厚いので裏地は貼っていません。

一枚仕立てにすることでロングシーズンの着用を確保しました。

身幅もそこそこゆったりしてるので、ローゲージのニットなどを入れて防寒性は調整できます。

 

 

ケアとしては通常の家庭用洗濯機で洗濯可能です。

ただ洗濯後は個人的にあまり綺麗に保存してほしくありません。

たまに良い生地だからとこの手のアイテムでもアイロンをかけたりする方もいらっしゃいますが(それが悪いことではないですが)、ミリタリーアイテムなので洗いざらしでOKです。

そうすると徐々にアタリも出てくるし生地感の良さが育ってくるので、痛めつけるくらいの方がかっこいいと思います。

それくらい本格的な素材になっていますし、ボタンなどのディテールも忠実に再現しているのでガツガツ使って遠慮なく汚して頂きたいです。

 

 

色展開はカーキ、ブラックの定番カラーとブラウンの3色展開です。

ブラウンはテラコッタぽくもありかなり色っぽい色合い。

大人っぽく渋い雰囲気があります。

また全てウォッシュをかけた色合いなので、例えばブラックも褪せたようなネイビーぽい色味になっているのが特徴です。

 

 

MBアイテムはクリーンなアイテム展開が多いのですが、今回に関してはガチのミリタリーに見えるような雰囲気と素材づくりを大事にしています。

その上でシルエットが綺麗に見えてスラックスと合わせても違和感がないモダンさも兼ね備えました。

今回完成度のかなり高いアイテムが仕上がったと自負しています。

2月11日21時から2月12日の23時まで発売しています。ぜひチェックしてみてください。

 

MBアイテムストアはこちらから

 

MBアイテムは市場価格よりも薄利に設定し安く良品を手に取れる仕組みにしています。

 

中間業者やマージンを徹底的に削減し不要なコストをなくし、
一般的な洋服ブランドの価格よりも格安で提供しています。

他ブランドより利益を乗せず
最小限度の人員と最小数の取引先にして、
広告宣伝費をかけず無駄なコストを徹底的に省き
受注生産にすることで在庫ロスや廃棄コストを完全に無くし
値段を可能な限り下げています。

 

普通のブランドなら数万してもおかしくないようなものを、数千円ほどで提供できるように・・・と各アイテム値段設定に気を配っています。作っている生産背景は国内のコレクション出展する有名ブランドを多く手掛けているところで、クオリティやデザインになんら遜色はありません。

 

MBアイテムストアはこちらから

 

なお今後のラインナップとしては・・・

▼2024年2月18日発売予定ーーーーーーーーー

『関係各社と弊社で利益をほぼ削って、20切りしました!!!!』

いよいよです。
お待たせしました。

「MBが惚れ込んだイタリアンムートンとは?日本とイタリアのアウターウェアの違いについて」

MBが惚れ込んだイタリアンムートンとは?日本とイタリアのアウターウェアの違いについて
ーーさらにディープな動画が見れる、ファッションを専門的に学べるYouTubeメンバーシップはこちらから▶https://www.youtube.com/channel/UCagAVZFPcLh9UMDidIUfXKQ/join...

「究極のレザーを求めてイタリア・ヴェネト州へ向かいました。」

究極のレザーを求めてイタリア・ヴェネト州へ向かいました。
ーー【2/18発売】MB "Speciale" ULTIMATE FABRIC ヴェネトムートン by Christia Italy¥199,000 税込▶ https://knowermagmb.stores.jp/items/65be3289e2953554...

長らく開発していた
究極の防寒着、ダウンに替わる本当の「一生もの」のムートン。

ついに正式価格も公開!フィックスしました!!!

★★★MB “Speciale” ULTIMATE FABRIC ヴェネトムートン by Christia Italy
199,000円 税込

長らくお待たせしました。

イタリアではダウンも良いけど、街を歩いているとムートン着用がかなり多い。日本ではどうしても高額になってしまうから(チャイナムートンやフェイクムートンではなかなか一生ものにならない。イタリアンムートンだと関税など諸々の都合もあり日本だと40万円台からじゃないとまともなものが見当たらない)、なかなか浸透していないけど・・・

実は・・・

★ダウン並みに軽い
重厚な印象なのにめちゃくちゃ軽い。他レザーと比べても軽量でエアリー、着用感覚は快適そのもの。

★経年変化が楽しめてケアの必要がない
ダウンは化学繊維を使った中綿アイテムですから正直ケアが困難。クリーニング店でも専門店じゃなければ断られることも多く、またクリーニング費用も非常に高額。日常的なケア方法も存在せず、汚れっぱなしで変色が進む。なのでお店側は「一生ものです」と売りつけるけど、その根拠は皆無でケア方法すら教えてくれない始末(ほとんど無いので不可能)。実際10年以上最前線で活躍できるダウンジャケットなんてほとんど無いでしょ?大体皆変色、型崩れ、毛抜けによるボリューム減で魅力が薄くなる。

それに対してムートンはレザーなので経年の変化が楽しめる。シワがついてもそれが味として認識できるしどんどん年季が入るほどに美しく感じるもの。ケアの必要がなく本当の意味で生涯使えるのが素晴らしい。

★防寒性はダウン並みなのに蒸れにくい
元々極寒地での戦闘飛行で使われていたムートン素材だけに、非常に保温性が高くまた蒸れにくい。満員電車で実験しましたが、ダウンよりもはるかに快適でした(もちろん使うダウンによりますが・・・)。

さらに今回世界最高のムートン産地であるヴェネトで製作。素材も縫製もイタリアはヴェネトで製作しており、ボッテガヴェネタとそのクオリティは同クラスと言って過言ではないでしょう(隣がボッテガの工場でした)。

日本で流通するムートンの中でも素材縫製は最高峰です。ラグジュアリーなら60万円は切れないでしょうし、デザイナーズでも30万円は切れないでしょう。そんな中、今回過去最高コスパを実現しました。商社を通さず産地と直接やりとりし、可能な限りのコストダウンを図りました。

最終20万円〜25万円程度のコストで上がったのですが、今回は「広める」ことが大きな役目だと思っています。

僕らがムートンをやるのは、日本人がほとんど知らない・・・ヘビーアウターはダウンしか知らない日本人に、ムートンというヨーロッパ最高の素材を伝えたい。利益を削ってアンダー20万円を目指しました。関係各社にもリスク分散していただいて、お願いしてなんとか20万円を切りました。僕らの利益マジでほぼ有りません。

気合いの入ったアイテム、次回以降やるとしても100%この値段では出せません。ヴェネトの方々も「日本人にこの素晴らしさを伝えたい」と賛同してくれました。

どう考えても世界最安でしょう。
19万円でこのムートンやれるブランドがあるなら見せてほしい。

とっておきのアイテム、いよいよローンチです。

そして買おうと思っていた方、浮いた金額で是非他のMBアイテム買ってください・・・泣。
ほんとこれ利益全然ないんです・・・。

▼2024年2月25日発売予定ーーーーーーーーー

★★★MB ULTIMATE FABRIC パーマネントレザーグローブ/ディアスキンカシミアライナー
価格未定

★★★MB ULTIMATE FABRIC パーマネントレザーグローブ/シルクライナー
価格未定

さらにレザーグローブの老舗であるD社と全く同じ工場と素材で制作したシリーズ。レザーグローブだけはエルメスでなくDが良いと業界評も高いブランド。世界的に見てレザーグローブの最高峰といえばDです。調べてみてください。

前回もレザーとシルクライナーを使ったものを制作して好評でしたが今回はブラウンカラーを追加。さらにディアスキンとカシミアライナーのさらにアップグレードモデルを展開。やや男性的な表情になりますが、個人的にはかなりツボです。

★★★MB ULTIMATE FABRIC パーマネントハット by LIMONTA, ITALY

MB ULTIMATE FABRIC パーマネントハット by LIMONTA, ITALY
必ず注文メールが確認できるメールアドレスでご注文ください。「メールが届かない」というご連絡をいただくことが多いですが、全て迷惑メールフォルダやサーバーのフィ...

人気のリモンタハットが復刻します!
新色を備えてローンチ。おそらくこれが最後の発売となるはずです。買い逃しなき様に・・・!

▼今後発売予定ーーーーーーーーーーーー

★★★MB ULTIMATE FABRIC ハンティングコート by British Millerain
おそらく7万円ほどを見込んでいます

待望のコート、一生ものに成り得る渋いデザインコートです。
英国のオーセンティックなハンティングコートを再解釈。いかなるトレンドにも対応できるようにどのパンツのシルエットにもマッチする着丈に調整しました。裾のサイドは開閉可能でワイドシルエットが流行った際にももたつかないように考えています。
ポケット位置は全体的に少し下げてややルーズな印象もプラス。旅人が着るコートのような土臭く男らしい雰囲気に仕上げています。

英国の定番デザインならばワックスコーティング素材になりますが、British Millerain開発のワックスコーティングにしか見えない新しいものを使わせていただきました。ワックスだと普段使いが出来なくなってしまうので(油がつくので車に乗れない、電車では座れない、ケアがほぼ何もできない、白シャツや白カットソーなどが着れない等)、新素材を採用。その分コストはかなり高いですが・・・生涯大切に使いたい”イット・コート”が完成。

これは超期待してください。

※参考「British Millerainとは?」
Barbour(バブアー)のオイルドジャケット等の素材に使用されてる1880年創業の老舗生地メーカー…

★新作ラグランコート British Millerain / ブリティッシュ・ミラレーンのオイルドコットン(ワックスドコットン)|北九州のオーダースーツ SUIT110
福岡県北九州市八幡西区三ヶ森のオーダースーツなら「ビスポーク スーツ110」。ビスポーク スーツ110の「★新作ラグランコート British Millerain / ブリティッシュ・ミ...

★★★MB ULTIMATE FABRIC シルクハイソックス
価格未定

★★★MB ULTIMATE FABRIC シルクロングホーズ
価格未定

かねてから制作していたオリジナルソックス。
シルクを素材として採用し(洗えます)、ハイソックスとロングホーズを作りました。

ロングホーズとは膝あたりまで届くスーパーハイソックスのこと。スーツで合わせる方が多いですが、モードな着こなしではショートパンツなどに合わせることが多いです。ショーツの子供っぽさが消えてくれて存在感も出てくれるので簡単におしゃれな装いに。

シルクの光沢もめちゃくちゃ高級感があり、安っぽいロングホーズやハイソックスとは全く違う雰囲気になっています。

価格は全く出ていないのですが、2~3本セットなどで販売。おそらくそこまで高くならないんじゃないかな・・・と思ってるんですが・・・どうだろう。。。

短パンにスニーカーの「とっちゃん坊や」みたいなスタイリングがどうも苦手で・・・いよいよトレンド的にはクラシック回帰になってきましから。ショーツにはハイソックスやロングホーズなどを光沢ある生地で合わせて、足元はラグジュアリーなレザーサンダルなどが春夏のスタイリングとしては正しいかと。クワイエットラグジュアリーな雰囲気を作る主役級ソックスとして展開します。

★★★MB ハイエンド シルバーバックルレザーサンダル
価格未定

小物はサンダルを制作。
ラグジュアリーなスエードレザーを使い、シルバーバックルで味付けしたもの。変形したようなアッパーデザインで他サンダルブランドとは一線を画しています。まさにクワイエットラグジュアリーな佇まい。シンプルだけどノームコアと違うラグジュアリーさをしっかりと感じてもらえるかと。力作です。

まだまだ不明確なものも多いですが・・・!
お楽しみに!

 

MBアイテムストアはこちらから

ご予約時のご注意

 

またご予約の際は、下記注意事項をご確認の上、お願いいたします。

・予約に必要な情報はこちらのページ、およびメルマガ、およびYouTube動画内に全て掲載されております(一般的な受注製品よりも遥かに情報量は多いです)。製品の合わせ方、詳細、個人的な相談などの問い合わせは業務圧迫の原因となり価格に影響します。問い合わせに関しては修理対応・B品対応・配送先変更に限らせていただきます。頂いてもご返信はできません、ご了承ください。

・大変申し訳ございませんが、キャンセルや返品は受け付けておりません。受注生産という都合上ご理解頂いた上でご注文ください。

・「気に入らないから」などの理由での返品依頼は全て対応いたしません。
通販での受注生産においてクーリングオフなどは適用されません。ご注意ください。

サイズ交換は行っておりません・・・が、
わずかではありますが交換用のストックを生産しておきます。
商品到着後、どうしてもサイズ交換したいという方は下記申込フォームまでご申請ください。

MBアイテムサイズ交換用申込フォーム

(ただし交換用ストックが無くなった時点で交換対応は終了とさせていただきますので、
希望される方全ての交換を保証するものではありません。)

・予定数量完売した時点でご予約を締め切ります。

お届けは各商品によって異なりますが、いずれもお時間を頂きます。お届け時期にご注意ください

・注文確認メールが届かないという連絡が稀にございますが、迷惑メールフォルダやメールサーバー側での受信拒否などがほとんどです。ご注文前に今一度ご確認ください。また注文完了画面が表示された場合はご注文通っておりますのでご安心ください。

・「カートに入れる」ボタンを押しても在庫は確保されません。
すべての入力が終わり始めて確保されますので確実に購入したい方は・・・
テキストメモなどで住所お名前お電話番号クレジットカード番号などをコピー&ペーストで迅速に入力されることをおすすめします。

発売開始からおよそ1~2時間程度で無くなることがほとんどです…すみません。工場や生地のキャパなどに限界があります、何卒ご了承ください。

 

商品詳細はこちらから

関連記事一覧

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. 体型隠しのセオリー

    太っている人は何を着るべき?メンズファッション体型隠しのセオリーとは?
  2. 小物について

    マスク大量に買ってどれが一番小顔になるか検証してみた。
  3. オシャレの秘伝

    女の子に褒められる「オシャレな雰囲気イケメン」の作り方
  4. おすすめブランド

    MBが最近買ったもの!マルジェラのTシャツ、needlesの軍パン、バレンシアガのデニム?
  5. 雑記

    地元商店街の「ブティックで買った服」を最もオシャレに着る方法
PAGE TOP