告知

本格アウトドアギア以上のスペックで3シーズン着用可能な機能性!全色買いも有り得る!「MBハイエンドECWCS(エクワックス) by ALPHA INDUSTRIES」発売!

★MBハイエンドECWCS(エクワックス) by ALPHA INDUSTRIES予約はこちら(2023年5月21日21時から受注受付開始いたします)

 

※注意
今回は一般販売を行います。
メルマガ/LINE会員以外も購入可能になっています。この機会に是非ご活用ください。

商品詳細はこちらから

 

 

本製品はコストと廃棄を抑えるため全て受注生産とさせて頂いています。
お届け日程をご理解頂いた上でご注文ください。

 

MBハイエンドECWCS(エクワックス) by ALPHA INDUSTRIES

 

 

MBハイエンドECWCS(エクワックス) by ALPHA INDUSTRIES

 

商品詳細はこちらから

 

価格:48,000円(税込)

色:ブラック、カーキ、オフホワイト

素材:
表地
表側:ナイロン100%、中間:TPU膜、裏側:ポリエステル100%

裏地
ポリエステル100%

生産地:
生地:中国
縫製:中国

お届け:
10月上旬〜中旬
※コロナウイルスなどの情勢により納期にズレが出ています。
最善を尽くしますがお届け日は多少前後する場合があります。
大きく納期が変更する際は購入時ご登録のメールアドレスにご連絡いたします。

サイズ展開:S、M、L

Sサイズ
着丈 70cm
身幅ぐるり 125cm
袖丈 74.8cm
裄丈 85.5cm

Mサイズ
着丈 72.5cm
身幅ぐるり 130cm
袖丈 77cm
裄丈 88cm

Lサイズ
着丈 75cm
身幅ぐるり 135cm
袖丈 79.2cm
裄丈 90.5cm

※フィッティング
MBは身長175cm体重66kgでMサイズを着用しています。

 

名作ECWCSを再販!さらに新色も追加!

 

今回はMBハイエンドECWCS(エクワックス) by ALPHA INDUSTRIESを紹介。

めちゃくちゃ良い出来。昨年、アルファさんと同じものをコラボして発売させて頂きましたが、本当に大好評でした。

届いた方からも「予備でもう1枚欲しい」「別の色も作って欲しい」など非常に多くの声を頂き、業界関係者からも「個人で買えない?」などの嬉しい連絡が何人からも来ているほどです。

ガチのアルファさんとコラボして、しっかりトレンドライクに作り上げたのがすごく刺さっているのでしょう。

僕自身やウチの社員もみんな着用していて、自信を持ってオススメ出来るアイテムです。

そしてこの度ようやく再販が決定しました。

5月21日21:00-5月22日23:00まで受注受付けします。

今回、ライン、メルマガ会員さん以外でも購入頂けるので、もし興味がございましたらチェックしてみてください。

 

アルファとコラボしたガチモデル!待望の新色を揃えて復刻!

 

 

個人的にミリタリーウェアの中でECWCSが一番好きです。

10年以上前からメルマガやブログでずっと言っていますが、数ある軍ものの中でも正直一番使っていたのはECWCS。

元々スノーボードウェアの原型と言われていて、スポーツやアウトドアの世界でも採用されることが多いこのデザインですが、歴史を辿るとアメリカ軍が1980年ごろに寒冷地用の防寒ウェアとして開発したのが起源です。

その後にスノボウェアやマウンテンパーカーのデザインソースになったり、ヨーロッパのハイブランドでもそのデザインが引用して使われたりしています。

ミリタリーから発信され、ファッションからアウトドア、スポーツなど幅広い分野に枝分かれして、メンズが着用するアウターのベーシック中のベーシックとして存在しているのがこのECWCSです。

なのでトレンド関係なくずっと着用できると言っても誰も否定することが出来ないほどの、名作中の名作と言えるでしょう。

 

 

個人的にも気に入っている理由はその辺にあり、ミリタリーの中でもシンプルに作られているから。

ポケットや高めのフードなど特徴的なデザインはいくつかありますが、基本的にはシンプルで素材感もマットに作られることが多いもの。なのでモードなスラックスなどにも相性が良く、モードブランドでも数多く採用されています。

でもアウトドアやミリタリーの要素も沢山あるので、どのジャンルで当てはめても使えるほどコーディネートの幅が広いアイテムです。

デニムでも、スラックスでクラシックに合わせても、ワイドスラックスやフレアパンツでモードに合わせてもOK。

幅広い着こなしができるのもこのECWCSの大きな魅力でしょう。

 

 

そして機能面も特徴的。ゴアテックスなどのレイヤー素材を採用しています。

表地と裏地の間に特殊な特殊なフィルムを挟んだレイヤー素材だと透湿防水性が高くなります。

つまり、「雨などの水は防いでくれて、なおかつ中で汗をかいた時にも蒸れを解消してくれる」この透湿防水性が確立されているのがゴアテックスなどのレイヤー素材です。

なので都市生活にも非常に便利。

例えば、外は寒いけど電車に入ったら気温差で汗をかいてしまう、なんて経験が誰しもあるかと思います。

ECWCSであればそのようなことも起きにくいです。

中の蒸れを素早く逃してくれ、加えて脇下ベンチレーションを備えているので湿気を逃すことが出来ます。

 

 

そしてこうしたレイヤー素材は風と雨を通しにくい構造なので、中に厚手のニットなどを入れれば東京の冬なら過ごせるでしょう。

僕は新潟出身ですが新潟でも中にインナーダウンを入れれば全く問題なく使えます。

寒い時期には防寒ウェアとして着用でき、暖かくなってきても蒸れを解消して着用できるアイテムです。

春秋冬の3シーズン使えるので、アウターとして完璧と言って良いでしょう。

また、ミリタリーなので構造が非常に綺麗。

ポケットも大きめなのでかなり大きめの荷物も収納可能でバッグなしで歩くことも全然できるでしょう。もちろんフード付きなので、雨が降っても大丈夫。

そしてコーディネートの幅も無限大。こんな良いアイテムないと思います。

なので10年以上前からメルマガなどでECWCSをリコメンドしていました。

 

 

ただ、当時であればレプリカ品なども出回っていて、古着市場でも安く手に入れられるものでしたが、今は状態のいいものであれば3-4万円ほどになっています。

なおかつ古着のECWCSはほとんどカモフラが多いです。

古着で今回のようなブラックはそもそも無く、カーキやカモフラなど合わせにくい色柄が多くなっています。

なので民間向けにブラックを作成しているレプリカを購入していたのですが、安く作っているものが多くそんなに納得できるものはありませんでした。

ずっと古着とレプリカ品を着用していたのですが、クオリティが高くコーデにも使えて10年使えるようなものが欲しく自分で開発を進行していましたが、どうしても限界がある。

普段のアイテム開発でもECWCSのような高機能なレイヤー素材などは使わないし、ガチのスポーツやアウトドアの領域にまで入ってしまうので相応に時間をかけて開発せざるを得ず難しいとの結論になりました。

その時にアルファさんと巡り合ってコラボをお願いさせて頂き、今回コラボで作成頂いたのが経緯になります。

 

 

今のトレンド感や着こなしに対応できるデザインやサイズ感にして、高見えするようにシルバーパーツをプラスするなどしました。

さらに素材はこの企画のためにアルファさんが開発してくれたオリジナルのレイヤー素材です。

どれだけ気合を入れて作成しているかが伝わるでしょう。

今回のコラボ企画用に開発した3レイヤー生地は表地、メンブレン(防水透湿膜)、裏地の3枚を一緒にラミネートした生地で耐久性、防水性、透湿性が高い素材になっています。

なおかつハリ感があるので、体型を拾わずにどんな方が着用してもそこまで体つきが出にくいのもメリットです。

また、カケンなどで試験を通して、製品の対水圧や透湿度もチェックしているのですが、対水圧に関しては超大雨でも耐えることが出来ます。

なのでガチのアウトドアウェアのスペックよりも下手したら高いくらい。街着としては機能性で困ることはないでしょう。

 

 

デザインに関してもECWCSのGEN1の後期型のディテールを採用しています。

ただ無駄な部分や見えない部分はなるべく省略してコストに跳ね返らないようにしました。

パーツの一部をシルバーパーツに変更するなど高見えできるポイントは狙って選んでいます。

なので写真でも高級感は伝わるかと思いますが、実物を見ると相当驚くはず。

この値段で買えるクオリティではないでしょう。

基本的にはデザインは過剰にいじらずに細かなディテールで調整をして、今のトレンドから10年先のトレンドまで対応できるように作成。

「困ったらこれさえあれば大丈夫」というパーマネントなアウターを狙って開発しました。

これだけシンプルなデザインなのでスーツの上に着用して、出勤着として使うのも良いでしょう。

個人的にスーツはチェスターやステンカラーなどフォーマルウェアで合わせるのが筋だとは思いますが、今の生活は機能性を求める方の方が圧倒的に多いはず。

機能性を求める方はこちらを出勤着として使っても全然OKだと思います。

 

 

シルエットに関してもやりすぎにはしていません。

正直ビッグサイズのECWCSはめちゃくちゃかっこいいと思いますが、なるべく多くの人がなるべく長く着用できるように今回はオーセンティックに作成。

ただ各部のバランスはしっかり取っています。

今っぽくアームを広げたり着丈を長くしたりフードを大きくしたりなど、本来のミリタリーの文脈からは離れて少しだけシルエット感など着こなしやすいように仕上げました。

そして今回は素材やディテールなど全て前回と同様です。

 

 

新しいのはカラー展開。

アーミーグリーンとアイボリーの2色を追加しました。

 

 

アイボリーは個人的に白のECWCSが欲しかったので作成。

雪上での戦闘を想定して作成されたスノーパーカーなどはこうしたホワイトカラーがありますが、それらをモチーフに作成しました。

実際に米軍で採用されているものよりも僅かにグレーかがかったアイボリーの色味。

真っ白にすると汚れや褪色などの問題があるので、この色味に決定しました。

白のアウターは日焼けなどで色が変わってしまうことが多いのですが、こちらはかなり褪色しにくいというデータもあります。

もちろん、この手の色で10年着用して全く色が変わらないものは存在しないので、長年着用すれば僅かに日に焼けてくるでしょう。

それも味と捉えることもできますが、褪色はしないほうがいいかと思うので、なるべく変化しない色合いになっています。

 

 

個人的にオススメなのがアーミーグリーンです。カラー名にはグリーンと入ってますが、ダークブラウンのような色味。

以前アルファさんの展示会に行ったときに、リアルに軍人さんが何年も着用したものがアーカイブとして飾られていました。

その古着は元々はブラウンでしたが、着込んで褪色や汚れによりカーキに近くなっていたようで、その色味がめちゃくちゃかっこよく、それを特別に再現して頂きました。

濃いブラウンから使い込むことでカーキに近づいた、というテーマで作成したのがこの色味です。

なんとも言えないカーキとグリーンが混ざったような使い込んだ色味がめちゃくちゃ大人っぽくてかっこいいです。また少し古着っぽくヴィンテージ感もあるので、幅広く使えるカラーリングだと思っています。

綺麗な細身のスラックスと合わせるとイタリアのおじさんのよう。

綺麗なスラックスに質の良いニットを着て、ミリタリーを羽織る、というバランス感がめちゃくちゃかっこいいのですが、そんな着こなしもオススメ。

男臭くて男性的な美しさが備わっている色です。

 

 

アイボリーはモードでクリーンな印象。

ブルーのインナーなどを入れてもかっこいいです。

ブラックは万能なので、色で悩んだらブラック一択でしょう。

本当に値段が値段なので、申し訳ないけど、3色買いもありだと思います。

僕らもこんなに良い色に仕上がると思っていませんでした。

実際、今回再販を待っている方はブラックを買い足したいという声もあり、非常に嬉しいのですが、ブラックを2枚行くなら他2色を試して欲しいです。全く違う魅力があります。

カモ柄のECWCSで満足している古着好きの方も多くいるかと思いますが、レプリカも捨てたもんじゃないです。

 

 

値段については再販に伴い、諸々の調達条件が変わり値上げとなりました。

昨今では仕方ないところかと思いますが、このクオリティから考えるとまだまだ安い領域だと思います。

またこちらは再販2回目ですが、基本MBアイテムは再販を繰り返すほど、少しづつ高くなっていきます。

なぜなら基本的に受注数が減っていくから。そうなると当然価格も変わってきます。

ギリギリの価格設定でやっているので再販を繰り返すことどうしても値段を上げざるを得なくなります。

なのでもし今回が再販可能ラインに達しても次に発売の際には値段が上がっているので、見逃さないようにしたほうがいいです。

アルファオリジナルで開発させた3レイヤー素材で、ここまで値段を抑えているのは中々凄いと思うので、ぜひ試してみてください。

発売日の夜21:00にはライブ配信を行っているので、気になるポイントがある方はぜひチェックしてみて下さい。

5月21日21時から5月22日の23時まで発売しています。ぜひチェックしてみてください。

 

MBアイテムストアはこちらから

 

MBアイテムは市場価格よりも薄利に設定し安く良品を手に取れる仕組みにしています。

 

中間業者やマージンを徹底的に削減し不要なコストをなくし、
一般的な洋服ブランドの価格よりも格安で提供しています。

他ブランドより利益を乗せず
最小限度の人員と最小数の取引先にして、
広告宣伝費をかけず無駄なコストを徹底的に省き
受注生産にすることで在庫ロスや廃棄コストを完全に無くし
値段を可能な限り下げています。

 

普通のブランドなら数万してもおかしくないようなものを、数千円ほどで提供できるように・・・と各アイテム値段設定に気を配っています。作っている生産背景は国内のコレクション出展する有名ブランドを多く手掛けているところで、クオリティやデザインになんら遜色はありません。

 

MBアイテムストアはこちらから

 

なお今後のラインナップとしては・・・

▼今後発売予定のアイテムーーーーーーーーーー

▼5月28日発売予定ーーーーーーーーーー

★MBトラックジャケット

★MBトラックパンツ 2023ver

★MBトラックパンツ(ベロアver)

そしてこちらもトラックパンツが再登場!
新しくトップスも追加され、さらにベロア素材も登場。

昨年発売した中でも指折りで人気だったトラックパンツ。他ブランドと異なりスラックス風のストレートシルエットと光沢のある風合いで品良く仕上がったもの。今回ベロアもかなり良い出来ですよ・・・お楽しみに!!!

まだまだ不明確なものも多いですが・・・!
お楽しみに!

※注:
『★MBハイエンドレザースニーカー』ですが発売延期となりました。

 

MBアイテムストアはこちらから

ご予約時のご注意

 

またご予約の際は、下記注意事項をご確認の上、お願いいたします。

・予約に必要な情報はこちらのページ、およびメルマガ、およびYouTube動画内に全て掲載されております(一般的な受注製品よりも遥かに情報量は多いです)。製品の合わせ方、詳細、個人的な相談などの問い合わせは業務圧迫の原因となり価格に影響します。問い合わせに関しては修理対応・B品対応・配送先変更に限らせていただきます。頂いてもご返信はできません、ご了承ください。

・大変申し訳ございませんが、キャンセルや返品は受け付けておりません。受注生産という都合上ご理解頂いた上でご注文ください。

・「気に入らないから」などの理由での返品依頼は全て対応いたしません。
通販での受注生産においてクーリングオフなどは適用されません。ご注意ください。

サイズ交換は行っておりません・・・が、
わずかではありますが交換用のストックを生産しておきます。
商品到着後、どうしてもサイズ交換したいという方は下記申込フォームまでご申請ください。

MBアイテムサイズ交換用申込フォーム

(ただし交換用ストックが無くなった時点で交換対応は終了とさせていただきますので、
希望される方全ての交換を保証するものではありません。)

・予定数量完売した時点でご予約を締め切ります。

お届けは各商品によって異なりますが、いずれもお時間を頂きます。お届け時期にご注意ください

・注文確認メールが届かないという連絡が稀にございますが、迷惑メールフォルダやメールサーバー側での受信拒否などがほとんどです。ご注文前に今一度ご確認ください。また注文完了画面が表示された場合はご注文通っておりますのでご安心ください。

・「カートに入れる」ボタンを押しても在庫は確保されません。
すべての入力が終わり始めて確保されますので確実に購入したい方は・・・
テキストメモなどで住所お名前お電話番号クレジットカード番号などをコピー&ペーストで迅速に入力されることをおすすめします。

発売開始からおよそ1~2時間程度で無くなることがほとんどです…すみません。工場や生地のキャパなどに限界があります、何卒ご了承ください。

 

商品詳細はこちらから

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. 梅雨対策/レインウェア

    最近オシャレなレインコート、普段使いできるレインブーツが増えてきた。【MACKINTOSH PHILOSOPHY/マッキントッシュフィロソフィー】
  2. ショップ紹介

    東京都内で「怖くない・緊張しない・店員がウザくない」セレクトショップ
  3. 告知

    3000~4000円でおしゃれに!最強コスパのドンキホーテ×MBコラボ9月17日から販売開始!
  4. ユニクロでオシャレをする!

    ユニクロだけでオシャレになる!!ユニクロアンドルメールで「脱初心者コーデ」を実践!!
  5. 告知

    【まぐまぐ大賞2018にて総合2位受賞!!】MBメルマガが2か月無料になるキャンペーン!!
PAGE TOP