ユニクロで買えるオシャレアイテム

ユニクロのスウェットプルパーカが究極の逸品である理由!誰も知らない制作秘話!

 

スポンサーリンク

 

 

ユニクロのパーカーについてガチで解説してみました。
是非ご覧ください。

 

大きいフードに着目したユニクロ

 



UNIQLO
スウェットプルパーカ(長袖) 2,990円

【ユニクロオンラインストア】スウェットプルパーカ(長袖)
素材もシルエットもディテールも進化。ヴィンテージ感がありながら現代に合うフィットに。

 

正確には知りませんがおそらく最初の発売から10年以上経っているであろうユニクロのパーカ。実はこの製作秘話をユニクロの商品開発チームから伺ったことがあります。この話を知ってる人はおそらく私だけだと思います・・・。

 

ユニクロの開発チームがパーカーを作る際、市場にあるパーカーを片っ端から買って集めたそうです。またパーカーのフォトスナップも集めて「どのパーカーが一番格好良いのか」「どのパーカーの着こなしが格好良いのか」を検証するところからスタートさせたそう。そしてその中でユニクロのチームは「ある真理」に気がつきます。それは「パーカーはフードが命なのではないか?」というところ。

 

多くのパーカに触れる中で、格好良いものは共通して「襟立ちが良い」「フードにボリュームがある」ことに気がついたそうです。そこでフードに大きくボリュームをつけるサンプルをいくつも作り検証を進めました。

 

そうした研究成果が商品としてしっかり表れています。フード部分はボリュームをつけるべき一般的なパーカー類よりも大きなサイズにし、さらに立ち上がりや膨らみを良くするためにフードが二枚仕立てになっています。

 

これはピンとこない人も多いかもしれませんが、お手持ちのパーカーのフード裏を見てください。

フード裏が起毛されたままの場合、裏地が見えている場合は1枚仕立てです。ユニクロのパーカーは上の写真の通りですが、裏にもう一枚表地を貼っているため起毛が見えません。つまりフードだけ二枚重ねた状態になっているわけです。

「二枚重ねただけで大袈裟な」と思うかもしれませんが、フード部分のみ生地を多く使うからこそ当然その分生地量も必要で縫製箇所も増えるため工賃が上がります。以前ユニクロのデザインを手掛けていた滝沢直己さんの著書に「ポケット一つつけるかどうかさえ悩まなければならないのがユニクロ」とありました。価格の限界を見るために彼らはわずかなディティールにも意味を見出しており、無駄を徹底的に排除します。そんな彼らがフード部分だけ二枚仕立てにするという手間をわざわざかけるということは・・・そこには相応の理由が存在するというわけですね。

 

そもそもフードにボリュームがあると何が良いのか。

それについてはこの動画で解説したので是非ご覧ください。顔は体のサイズを測る基準点。だからこそ顔を小さく見せることで相対的に手足を長く見せ、体のバランスを綺麗に感じさせることができるのです。これを知ってるかどうかだけでもおしゃれの難度はグッと下がります。顔を小さくさえできれば、モデル体型のように見せることができるから。そして顔を小さくするためにはボリュームのあるものを顔まわりに持ってくるのが一番簡単。パーカーのフードが大きいと格好良く見えるのはそのあたりに原因があるのです。

 

 

ユニクロの製品開発の凄さを象徴する「フード裏の混率」

 

さて、そんなわけで「パーカーはフードが命」「フードにボリュームを与えれば見た目の印象は良くなる」そこまではわかりました。しかしここでユニクロ開発チームに問題が起こります。

それは「乾きが悪くなる」ということ。

 

当たり前ですがフード部分だけ二枚の生地を使っているわけで、普通通りに洗濯して普通通りに乾かせば当然フード部分だけが乾きにくくなります。実際にやってみるとフード部分だけが生乾き状態になったそうな。生乾き特有の匂いは細菌の繁殖によるもの、ユニクロが打ち出すコンセプトである「ライフウェア」とは誰もが毎日気軽におしゃれを楽しむことができる洋服のことです。細菌が繁殖したパーカをライフウェアと呼べるはずもありません。

無論長時間乾かせばフード部分も乾くわけですが、洗ってすぐ乾くイージーケア性もユニクロが求めるライフウェアの姿。「乾きが悪い」という製品の最もベーシックな問題をクリアしないなんて…ユニクロが許すわけがありません。

しかし格好良くフードにボリュームをつければ乾きが悪くなるわけで・・・
格好よさを取るか、それともイージーケア性を取るか、二者択一かと思われました。

 

しかしここからがユニクロのすごいところ。是非ユニクロのパーカの製品表示を見てください。

なんと「フード裏」部分のみ素材を変えているのです。

ご覧の通りフード裏のみ化学繊維を入れています。表地と比較すると実は全く混率が違う、しかしながら見た目は極限まで似せており風合いも色味もフード裏だけ浮くなんてことはありません。ではこれはなんのためか?・・・そう、フード裏のみ乾きやすい素材を使っているのです。

 

実際にこのパーカを洗って乾かしてみるとわかりますが、フード部分もボディ部分もほぼ同タイミングで乾きあがります。二枚仕立てにしても乾く時間をほぼ同じにすべく、なんと裏の素材だけ変えたのです。

 


こんな手間のかかることをよくやるな、とも思うし、
そもそもこんなことによく気がついたな、とも思います。

普通のブランドならフードが大きいというロジックだけで「格好良いデザインが完成した!」と満足するはず。別に乾きやすさは「格好よさの代償だろう」と諦めるでしょう。ところがユニクロはそれを諦めなかった。

 

コスパを考えればユニクロ以上なんて有り得ない

 

しかもユニクロはこのことについて全く言及していません。調べましたがこれを書いているのは(最初に私がこれを説明したのはもう4年も前のことですが)私が最初で私しかいません。誰に言うこともなく誰に気づかせることもなく努力しているってハチャメチャに格好良くないですか???

 

普通ここまで努力したら宣伝したくなるでしょう。ところがユニクロはこれを全く主張していない。世にあるブランドはこうしたことをとことん宣伝するでしょ?長文で「この素材がうんたらかんたらで、この縫製がうんたらかんたらで」と。誰だってそうする、私だってそうしますよ。

でもユニクロは「品質の良さなんて当たり前」「格好よさなんて当たり前」という気構え。当たり前のことを主張なんてするな、と柳井さんの方針らしいですが・・・世のブランドは是非見習って欲しい。

 

しかもユニクロは実は定番品であっても毎年毎年必ずと言って良いほどマイナーチェンジをしています。



UNIQLO
スウェットパンツ 1,990円

【ユニクロオンラインストア】スウェットパンツ(丈標準68~74cm)
しっかりとしたはき心地の本格スウェット。テーパードシルエットですっきり決まる。

 

ユニクロのスウェットパンツも毎年毎年実は裾が細くテーパードしており、わずかずつシルエットが変わっています。
気づいている人は一体どのくらいいるでしょうか?定番アイテムでも時代性を鑑みて修正し、声を聴きながら改善し、そうした工夫を繰り返している。世のどこにこんなブランドがありますか?

 

「ユニクロなんて」と思う人は、是非先入観を捨てて手にとってみてください。もちろんユニクロの悪い面もたくさんあります。デメリットも多いです。しかしながらこうした企業努力は驚愕するほど。是非その象徴ともいえるパーカを手にとってみてください。脱帽するほどの出来です。

 

もちろんオーラリーのパーカーの方が格好良いし、
もちろんアクネのパーカーの方がトレンド感があります。

でも値段と満足度で考えるならおそらくユニクロに勝てるパーカーはありません。是非手にとってみてください。

 

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

携帯キャリア決済を希望される方はこちら(note)から登録ください。(内容はまぐまぐメルマガとほぼ同様です)

最も早くオシャレになる方法KnowerMag マガジン|MB|note
毎週日曜18時頃更新!現役メンズファッションバイヤーであり、書籍累計100万部を誇る日本を代表するファッション著者であり、ファッションHOWTOサイト KnowerMag運営者...

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  1. フレグランスについて

    プチプレゼントに最適「DIPTYQUE/ディプティック」買うべきマストバイ3選!
  2. 体型隠しのセオリー

    「太っている人はオシャレできない?」ガッチリ体型の人に送る体型カバーの秘技4か条!!
  3. ニット編

    秋はTシャツやカットソー替わりに「ハイゲージニット」をまず着よう。
  4. 服を着るならこんなふうに

    史上初のメンズファッション漫画「服を着るならこんなふうに」第1巻12月10日発売します!!
  5. メルマガ告知

    ユニクロU2019-2020秋冬どうやって着こなすの!?コーデ徹底指南!世界最高峰ルメールデザインを最大限活かそう!
PAGE TOP