ジャケット編

【誰でも分かるファッション講座】テーラードジャケットとは何か?オススメの着こなしは?

 

「テーラードジャケット」
ファッション雑誌を開くと良く見る単語ですが、一体どんなアイテムを指すのでしょうか。

 

「オシャレ」は意外と簡単に作れる

テーラードジャケットとは要するにスーツの上着のことです。
メンズファッションにおいて最も多様される「オシャレ上着」の一つ。

2304335_8_D_500
Photo by zozo.jp

 

こちらですね。
テーラードジャケット。誰しも一度は見たことがあると思います。

 

洋服には大きく分けて「ドレスアイテム」と「カジュアルアイテム」があります。

「ドレスアイテム」とは要するにスーツで使うアイテムのこと。
スーツやシャツ、レザーシューズやネクタイなどがそれにあたります。

 

一方で「カジュアルアイテム」とは要するにリラックスウェアで使うアイテムのこと。
パーカーやジーンズやプリントTシャツなどがそれにあたります。

 

KnowerMagで何度も語っている通り、
この「ドレスアイテム」と「カジュアルアイテム」を織り交ぜることがメンズファッションにおいては最も重要。
「ドレスアイテム」だけでは仕事着になってしまうし、
「カジュアルアイテム」だけではやんちゃな中学生や高校生になってしまう。

 

カッチリとした「テーラードジャケット」に
カジュアルな「ジーンズ」を合わせるからこそ、
「緊張」の中に「緩和」が生まれます。
ジャケットのカッチリ感が「緊張感」として際立ち、ジーンズの野暮ったさが「余裕のある雰囲気」として成り立ちます。

 

日本人は
「ジャケットにはスラックス。綺麗なアイテムには綺麗なものを合わせる。」
「パーカーにはジーンズ。カジュアルなアイテムにはカジュアルなものを合わせる。」

という完璧主義的なカテゴライズが目立ちますが、
洋服を着てきた歴史が長い西欧においては、「いかにバランスをとるか」というところに着目しています。

 

※「ドレスとカジュアルのバランス」に関しては下記関連記事も是非ご参照ください。
メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

 

「キメすぎで気持ち悪い」

と感じるお洒落さんは日本人には大変多いです。

 

ロングコートを映画「マトリックス」の劇中衣装の様に思いっきり「キメキメ」で合わせてみたり。
ハットを被って、ベストを着て、スラックスを穿いて「これからマジシャンでも目指すの?」というドレス全開スタイルだったり。

 

メンズファッションでは「自然に見せること」が重要です。
誰が見てもサマになるかっこいいロングコートを、

いかに「カッコつけずに自然に着るか」。

これが上述の「ドレスとカジュアルのバランス」なのです。

 

73d1fba920e36a02b227fe2d41b687d6
Photo by tumbler.jp

もちろんスーツスタイルはカッコいいです。
しかしそれは「ビジネス」や「パーティー」に着ていくスタイルであり、
街着ではありません。

 

0041
Photo by tumbler.jp

こんな風に靴とインナーをちょっと変えるだけで、
靴とインナーをちょっと普段着にするだけで、

意外にも簡単にお洒落は作れるのです。

 

ドレスの代表アイテムである「テーラードジャケット」

「上級者向けで難しそう・・・」
「こんなお洒落そうなアイテム俺には着れない・・・」

と感じる人も多いとは思いますが、
実は「普段着に取り入れるだけ」という感覚で着れば、

意外にもすんなり簡単にお洒落が作れるのです。

 

テーラードジャケットの具体例と日本人がするべき着こなし

 

もう少し具体例を見ていきましょう。

060
Photo by tumbler.jp

インナーは少々難しいことをしているので、
ジャケットとジーンズだけ見てください。
これが一番典型的な組み合わせ。

 

ドレスなテーラードジャケットに
カジュアルな色落ちジーンズ。
誰がどう見てもわかる非常に簡単な「ドレスとカジュアル」の組み合わせです。

 

ところがここに一つだけ「罠」があります。
それは体型。

外国人と比べて我々日本人は、やや「洋服がサマになりにくい体型」なのです。

 

足が長く胴が短く、顔のホリが深い外国人に比べて、
日本人は胴長短足、顔はやや童顔です。
(今の10〜20代の方なら足は長いかもしれませんが 笑)

 

「胴長短足で童顔じゃ洋服着れないのかよ!」

と思うかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。
ただ「外国人と同じ組み合わせを実践してもサマになりにくい」のです。

 

胴長短足で子供っぽい我々は、どうしても
「ドレス感」の必要要素である「大人っぽい雰囲気」が出しにくい。
それは持って生まれたものでどうしようもありません。
(その代わり私たちは直線的なカッティングの和服がよく似合うのですが)

 

しかし安心してください。解決策はあります。
「大人っぽい雰囲気」になりにくいのならば、

外国人よりもやや「ドレス寄り」のスタイルに調整すればいいのです。

 

日本と同じ島国であるイギリスは「ロンドン」。
ロンドンのスタイルは欧米の中でもとりわけドレス感が強いスタイルを得意としています。

ジーンズもアメリカやイタリアは激しい色落ちをしたものを好みます。
フランスは薄い色のクリーンな水色っぽい色落ちを好みます。
イギリスは黒の細い、いわゆる「スキニータイプ」を好みます。
同じジーンズでも、細くて黒い「スキニータイプ」はドレス感がグッと強めです。

 

※スキニーデニムに関しては下記関連記事も是非ご参照ください。
KnowerMag的オススメ スキニーデニム!

 

tumblr_mghjhj0iwC1rldsgeo1_500
Photo by tumbler.jp

 

こんな感じが日本人にはオススメです。
まんまコピーして構いません。

 

テーラードジャケットを一枚手に入れてしまえば、
あとはユニクロでスキニーデニムを購入し、
足元はABCマートでコンバースオールスターを購入すればいいだけです。
デニムとスニーカーで1万円あればお釣りが十分来ます。
残ったお釣りでユニクロで良いので白の無地Tシャツを買えば基本は完成です。

 

試行錯誤しなくても知るだけで得られる「オシャレ」

 

オシャレって実はそんなに難しいものじゃありません。
「間口が広く奥が深い世界」だと言われますが、まさにそう。
入り口はとっても簡単なんです。

 

ただし「教えてくれる人がほとんどいない」のが悪い特徴です。
洋服に深く携わったことがある人なら感覚的であれこういった「着こなしの正解」を知っています。
しかしそういった人はビジネスとして服を扱うことが多いため、利害関係が存在し、本当のことを言えない場合が多いです。
洋服屋さんは誰でも自分のお店の服をススめなくてはいけません。
それはしょうがないことで、誰も責めることはできません。
中古車屋さんが事故車も売らなくちゃいけないのと同じでしょうか。
こういった買い手と売り手の持っている情報の格差現象を「情報の不完全性」などと呼びますが。

 

それでもあなたの周りにいるオシャレな人は
色々と試してみて、トライアンドエラーを繰り返して
健気にも少しづつ正解を探して、ようやくあなたに「オシャレだなー」と思わせることに成功しているのです。

 

しかし本当はそんなトライアンドエラーも最小限で留められるのです。

「教えてくれる人」さえいれば。

 

だから、「試行錯誤」な印象が強いファッションですが、実は簡単なんです。
上述で「テーラードジャケット」を合わせる時の基本的な考え方は理解できたはずです。
こんな感じで、一つ一つケーススタディしていけば、

あっという間にオシャレが完成します。

 

より具体的で実践できる内容はメールマガジンで

 

「じゃあテーラードジャケットはどんなの買えばいいんだろう?」
と思った方はぜひ毎週日曜日に発行しているメールマガジンでどうぞ。

 

毎週30,000〜50,000文字以上の超特大ボリュームで、
上記の様なファッションのセオリーはもちろん、「コレとコレとコレを合わせれば完成」という
すぐに実践できる具体的な内容も解説しています。
毎週展開している「ファッション基礎講座」ではモノの選び方・・・
例えば「テーラードジャケットを買う時はどこを見ればいいか」などもお教えしています。

 

紹介するアイテムはユニクロや無印良品など1,000円以下のものも多数
お金をかけずともオシャレになれる方法を指南しています。
もちろん興味のある人は別コーナーである程度値段のする「極上のアイテム」も紹介しています。

 

月540円でファッションの勉強が出来ます。雑誌を一冊買うよりもずっと手頃です。
私はこれで日本のファッションを底上げします。
そのくらいコンテンツに自信あり。誰もが納得できる論理的な内容にまとまっています。
初月は無料。試し読みをして気に入らなければ初月解約で構いません。

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」からどうぞ。

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. MBの思考

    MBの新連載スタート!「mine」1日あたりの最高販売件数を記録しました!
  2. メルマガ告知

    10万円分のamazonギフト券やZOZOで3万円分好きなもの買える券など!豪華景品付きコーディネート大会開催!!
  3. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    ユニクロの2,990円のエクストラファインメリノウールと、30,000円ほどの高級ブランドのニットは一体何が違う??
  4. 漫画「トラとハチドリ」

    【ショップスタッフは必要か?】MB監修漫画「トラとハチドリ」新連載!!
  5. メルマガ告知

    生デニムを楽しもう!!秋の着こなしの幅を広げるカジュアルアイテムの使い方指南!【メールマガジン2015年10月25日号紹介】
PAGE TOP