雑記

MBアイテムはGEOやTSUTAYAと同じ??モノを安く高品質で提供できる仕組み

 

スポンサーリンク

 


<<この記事のまとめ>>

超人気のMBアイテムはGEOと同じ??価格を安く出来る構造がある

「ユニクロは飽きたけど、ブランド品は高すぎる」という人に

・春夏は名作ワイドスラックス(来週発売)の復刻などを用意

 

超人気のMBアイテムの秘密について

 

メルマガ読者さん以外はイマイチ分かってないと思いますが…実はメルマガ読者さんだけが買える「MBアイテム」というものを展開しています。だいたい月に1型程度は最低でも発売しており、メルマガ会員さんだけしか買えない限定アイテムとなっています。それでも毎度争奪戦となっており、メルカリ市場でも転売で値上がりしていたり・・・(1万円台のワイドパンツが3万とか4万になることも…)。人気あるアイテムだと20~30分で2000枚など受注が入ることもあります。

 

MBアイテムはGEOと同じ??価格を安く出来る構造

 

・・・どうしてMBアイテムは人気が高いのか。

もちろん私のロジックを凝縮したモノ作りもそうなんですが…もう少しビジネス的な話をするとMBアイテムは利益がほとんど出ないような構造で作っているから圧倒的に安いんです。どうしてそんなことが出来るのか、それはメルマガで既に料金を取っているからです。メルマガで月額500円を読者さんから頂戴しているため、別に物販で大きな利益が出なくても全く問題がありません。

むしろ「市場価格より遥かに安く高品質な服を買うためにメルマガを読む人」がメルマガ登録をしてくれるため、ぶっちゃけた話利益を取らない方がビジネス的にも正しかったりします。作業費用や最低限損だけしないような価格に設定しておけば、市場で見る価格より圧倒的に安いワケだから、それ目当てにメルマガに入ってくれるわけでしょう??

これってGEOやツタヤと同じ仕組みです。
レンタルDVDやレンタルCDはタダみたいな金額で提供しているけれど、それ目当てで来店が増えるため他のキャッシュポイントでビジネスをすれば良いわけです。(彼らの場合は書籍などの物販がそれにあたる)

 

私は「モノ作り」じゃなくて「情報」にキャッシュポイントを置いているため、洋服で利益が出なくても集客の一手となるならそれで構わないわけ。だから構造的に「モノ単体で勝負する」一般的なブランドよりも遥かに安く高品質なものが提供できるのです。(なんでコレ誰もやらないの??)

 

実際私が洋服を生産している工場は、名前は出せませんが国内のトップブランドが使っているところばかり。新宿伊勢丹などに入ってるブランドが使っている工場や生地を使っていたり、パターンやデザイン自体も実は誰もが知ってるようなブランドの内部の方にお願いしてやってもらっていたりします。(もちろんデザインの設計は私MBが行いますが、私はパターンも引けないしデザイン画も書けないので。)

また商社を挟まない、卸しをしないため価格は工場直送価格に近い。

ブランドは基本、「卸し」をするために値段を高くせざるを得ません。

ちょっと説明が難しいのですが、ブランドの洋服は大きく「ブランド直販」「セレクト卸し」の2つがあります。
ブランド直販の場合は、ブランドが服を作り、そのまま自社のお店で売る形。
セレクト卸しの場合は、ユナイテッドアローズやビームスなどセレクトショップに商品を卸して売る形ですね。

もし販売方法が「直販」だけなら上の図で言えば定価6000円でもブランドは満足できることになります。ところがセレクトショップに卸す場合はセレクトショップ側の利益も担保しなければならないため、定価が高くなるのです。「ブランド直販分だけ安く売ればいいじゃん」と思うかもしれませんが、そうすると当然セレクトショップが売れなくなるわけで、卸す意味がなくなります。

「じゃあ卸さなきゃいいじゃん」と思うかもしれませんが、名前を広めたり影響力を拡大したり利益を確保するためにセレクトショップに卸して販売することが必要です。直販で成立させることが出来る力のあるブランドなど稀有なのですね。

 

この「卸し」の構造がそもそも存在せず、しかもスタッフは最小限で行なっているため(店舗も構えないで通販のみ)、MBアイテムは圧倒的に品質に対して格安で提供できるわけです。

 

売れ残りのリスクを値段に転嫁しない

 

また基本全て受注生産にして在庫リスクを抑えているのも特徴。通常洋服は生産販売で「作ってから売る」のが普通です。すると当然在庫が残るリスクが出てきます。「日本国内の洋服の実に5割が定価で売れず在庫として残っている」というデータがあるくらい洋服は供給過多です。ではその供給過多による売れ残りは一体どうなるのか、セールで販売されることもありますが、一部は廃棄されたり格安で海外へ流れて行ったりします。その際のマイナスも当然定価に加算されています。

ブランドとしては売れ残りが発生することを想定して、それでも利益が出るように値段設定をしなければいけないため定価は高くなるわけ。洋服の値段が高い理由は色々あるのですが、一つ大きなものが「売れ残り分のマイナスを消費者に負担させている」からなのです。

 

だから私は受注生産を選んでいます。確かにモノが直接見れないデメリットはありますが、それは他の通販サイトでも同じこと。だったら価格が安くなる在庫リスクのない受注生産の方が良いだろうと考えています。この方式なら売れ残りが出るはずがないので(受注がついた分だけ作るから)、売れ残りのマイナスを消費者に負担させることもありません。

 

・キャッシュポイントを他に置いているため薄利でも全く問題ない

・卸しや商社など関わる会社を極端に省き「工場直送」に近い形にしている

・受注生産で売れ残りのリスクをゼロにしている

以上の理由で新宿伊勢丹など市場にある同じようなアイテムと比べても格段に安く提供できています。

 

ブランド品をユニクロになるべく近い値段で

 

もちろんいくら安く作れるからといって、ユニクロなどと似たような同じような商品を作ってもあまり意味がありません。MBアイテムをメルマガ読者限定で購入可能にしているのは上の安い価格で実現する構造ももちろんそうですが・・・「ブランドモノを試してみたいけど買うことが出来ない」人のため。

洋服を着ていればユニクロのようなスタンダード品、クセのないベーシック品で我慢できない時もあるでしょう。でもブランド品ともなると随分値段は高くなる。でも楽天やヤフーショッピングなどにある比較的手頃なものだとどうしても「大学デビュー」みたいな安っぽさが残る・・・。

こうした「ブランド品が着てみたいけど、ブランド品の値段は高すぎる」と思う人のために開発しています。ある程度ユニクロなどを通って我慢できなくなった人のために作ってるわけです。「ユニクロがおしゃれなのはわかるけど、それだけじゃ満足できない!」そんな要望を受けて作っています。

 

去年の冬作ったこのフードパーカーは超人気。
値段も11,000~12,000円程度とかなり手頃だけど光沢も肉感もあるアウターでした。

 

こだわりつくした「MBバスクシャツ」はなんと素材からオリジナルで製作したもの。素材・デザイン全てゼロから作った極上品ですが、7,500円の格安価格でリリースしています。

 

 

時に「MBハイエンドライン」も作ったり。
こちらは昨年冬に作ったコート。国内製のウール、国内工場で作った極上品。値段は30,000~40,000円程度とかなりしますが、それでも一般ブランドが作れば8,9万円くらいのクオリティ。こちらはメルマガではなくサロンサービスである「MBラボ」にて瞬殺完売しました。

 

待望の再生産!転売厨涙目!

 

そして今年の春夏も色々作っています。
今月発売のものは・・・

 

2年前?3年前に発売して「再販売してください!!」と毎年毎年懇願されている「MBワイドスラックス」。温厚な私が頭にくるほどメルカリで転売されまくっていたので、こりゃやらねば!と気合い入れて作りました!転売厨やーい!笑

 

値段も以前よりかなり抑えて13000円!今回はカジュアルなペインターパンツデザインで、生地はドレスライクな落ち感のあるスラックス素材。まさに「ドレスとカジュアルのバランス」ですね。

今回はなんと同じ素材セットアップでコートも製作。これも15,000円とかなり手頃に設定しています。「セットアップ」ならぬ「コートアップ」で今年の春は過ごしましょう。

こちら2つは来週月曜発売開始。今週のメルマガは要チェックです。

 

メールマガジンはこちら

 

どこを探しても良品がないから作ったトラベルバッグ

 

クソ気合入れて作っているのがこちら。
こちらは「ハイエンドライン」です。

 

オールレザーのトラベルバッグ。こちらも国内工場を使い修理を受けてもらえるようにしています。オールレザーで修理可能・・・なので10年20年と使い続けられます。

 

プライベートではルイヴィトンのオールレザーのトラベルバッグを使っているのですが、オーダーメイドで27万円ほどしました。実はコレ、いくら探してもどこを見ても「満足行くオールレザーのトラベルバッグ」がなくて、やむなくハイブランドに頼ってしまったのです。ホントは10万円くらいで良いのがないかと探していたのですが、どうにも見当たらない。

どのブランドも変なデザインを入れたり安っぽい素材だったりとロクなものがない。納得いくものとなるとやはり20万円は最低必要になる。「そんなわけないだろう」と思う人、ぜひ探してみてください。マジでロクなバッグがないです。

 

無論そもそもこうしたハイエンドなレザーボストンバッグに需要がないのも事実です。リュックとかバックパックの方が男性は好んで使うのでレザーのボストンとかあまり選ばない。高いし。

でも30代以上の男性なら理解してくれると思うんですが、車にこうしたトラベルバッグを積んで旅に出るのめっちゃ憧れませんか??私はボロボロのトレンチコートにデニムとブーツを履いて、トラベルバッグを肩で担いで四国あたりを旅したい。そんなわけで憧れだけを突っ走らせて作っちゃいました。オールレザーボストン。

 

予想よりもずっとコストがかかり、高くなりそうですが、それでも5万円以下には抑えられそう。国内レザー・国内生産、これだけのサイズ感なのでどうしてもお金がかかるんですねー・・・。数量限定にしますが、欲しい方はお楽しみに。3月くらいを予定しています。

 

 

メールマガジンはこちら

 

ユニクロのコートがブランド品の印象に・・・!

 

 

こんなおもしろアイテムも作ってます。
なんとノートPCが収納できるベスト。財布もケータイも何から何まで収納できて手ぶらで歩けます。
シックで色の切り替えをつけずに作っているので、ワーク感ナシ。クールな印象で使えます。

 

手持ちのコートやジャケット、ニット、Tシャツなどに合わせて使うことで全く別物に生まれ変わるアイテム。
想定としては「ユニクロのコートに組み合わせて、ブランド品の印象にしちゃう」というもの。

 


Photo by https://image.wwdjapan.com/production/optimize?src=https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/src.wwdjapan.com/admin/v2/wp-content/uploads/2018/06/22085509/LOUIS-VUITTON-2019SPRING-SUMMER-MENS-COLLECTION-043.jpg


Photo by https://image.wwdjapan.com/production/optimize?src=https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/src.wwdjapan.com/admin/v2/wp-content/uploads/2018/06/22085454/LOUIS-VUITTON-2019SPRING-SUMMER-MENS-COLLECTION-039.jpg

実は今季ルイヴィトンなどのハイブランドがこぞって出しているのがこの「ハンターベスト」。
コレクションで見かけるハンターベストはどれもクセが強いので、MBアイテムとしてはかなりシックにまとめ日常で使いやすくしています。こちらも10000円台で収まる予定。お楽しみに。

メールマガジンはこちら

 

まだまだ色々作ってます・・・!

 

他にも・・・

 

 

表はメリノウール・裏はナイロンという強度も肌触り抜群のサマーニット。
これはシャツを入れると綺麗に襟がのぞく構造にしていたり細かく作ってます。9000円予定。

 

 

これも面白い。
袖が取り外しでき春夏秋冬関係なく使えるオーバーサイズトップス。なんと半袖にも長袖にもなります。

耐久性の高い素材を使っており、ガシガシ洗ってヘビーに使ってもヘタれない。長ーーーく使えるアイテムです。
10,000円ジャストくらい

 

そんな感じで商品開発楽しくやっております。
メルマガ会員の皆さん、今年もお楽しみに・・・!

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. 流行解説

    迷彩柄・ボーダー柄、「総柄」アイテムと上手く付き合って1ランク上のオシャレを目指そう!
  2. ユニクロで買えるオシャレアイテム

    スーピマとドライカラーは何が違う?ユニクロ4種類のTシャツを徹底比較してみた!
  3. メルマガ告知

    2,000円台で購入できるMBも愛用する格安優秀加工デニムを紹介!!【メールマガジン2015年4月5日号紹介】
  4. メルマガ告知

    全男性必見!!「読者が選ぶ2015年度のマストバイ総括」!!ユニクロからハイブランドまで!!【メールマガジン2015年12月28日号紹介】
  5. 服を着るならこんなふうに・補足

    洋服はいつ買うべきか?ショップスタッフの「ラスト1点なんですよ」は実は本当!?
PAGE TOP