ユニクロでオシャレをする!

GU「ブロードシャツ(長袖)CL」とGU「オックスフォードシャツ(長袖)」は何が違うのか?どんな基準で使い分ければ良いのか?

 

スポンサーリンク

 

ある程度ファッションを追いかけている人でもついつい見逃しがちなのが「素材」です。

 


Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/281412/item/56_281412.jpg

 

こちらはGUで展開されている「オックスフォードシャツ(長袖)1,490円」。

 


Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/281535/item/56_281535.jpg

 

同じくこちらもGUで展開されている「ブロードシャツ(長袖)CL 1,990円」。

一見すると同じ様な色、同じような形、同じようなデザインで特に差が無い様に感じます。「オックスフォード素材」と「ブロード素材」はシャツの定番2種類ですが・・・この2つを「なんとなく」選んでいる人が多いのではないでしょうか。

 

何度か説明していますが洋服には「ドレスとカジュアル」、大きく分けて二軸のテイストがあります。スーツで使うようなカッチリとしたアイテムが「ドレス」、日常着として使うラフなアイテムが「カジュアル」。この2種類の差をいかに理解しているかが、コーディネートを上手くするポイントです。

 

【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?
サイトにたどり着いた方、こんにちは。メンズファッションの世界でバイヤーをしております、MBと申します。この記事では本サイトKnowerMagの紹介をします。ここにたどり...

くわしくはこちらの記事をお読みください。メンズファッションの基礎が理解できます。

 

ドレスかカジュアルかの要素を決定するのは

1.デザイン
2.シルエット
3.カラー(素材)

の3種類です。今回は「素材」の話ですね。「素材がドレス」とはどういう状態か?「素材がカジュアル」とはどういう状態か?を考えてみましょう。

 

二項対立となっている「ドレスとカジュアル」の関係性

 

基本的にドレスで使う素材は「ツヤがあるもの」です。スーツで使うアイテムを思い出してみてください。ジャケットやスラックスは高密度のウールで艶があります。これは高級品であればあるほど艶が強くなる傾向があります。(例外もありますが)

また靴はただでさえ艶のある革靴を磨き上げて、さらに艶が出る様にケアします。ネクタイはシルクが基本でこれもまた艶があるものです。バッグはレザー製のものが最もフォーマルで革靴と同じく艶のあるものです。タイピン・カフリンクスなどの小物も艶のあるものがほとんどです。

そしてシャツも同じく。基本的にはブロード素材と呼ばれる艶が強いものをスーツ用のカッターシャツとして使います。「オックスフォードをフォーマルシーンで使うのは不向きです」とどのスーツ屋さんも言うでしょう。

 

一方でカジュアルで使う素材は「シワがあるもの」です。デニムはいかにシワが入るか、いかに表情が出るかという「アジ」や「アタリ」を珍重します。Tシャツはカジュアルなものほどガサっとした肉感とシワ感のあるものを使います。

シャツも同様、シワが入りやすい肉厚のオックスフォード素材を好んで使います。アメカジではブロードシャツではなくオックスフォードシャツをデニムに合わせるのが普通です。

この様にドレスとカジュアルは常に対局にあり、二項対立の様な「シーソー状態」にあるものです。このシーソーをいかにバランスとるかが上述「ドレスとカジュアルのバランス」であり、メンズファッションの命題です。

 

思考のタネを持って合理的・論理的な買い物をしよう

 


Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/281412/item/56_281412.jpg

 

オックスフォードシャツと、

 


Photo by http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/281535/item/56_281535.jpg

 

ブロードシャツ。
同じように見えるGUのシャツも、素材が変わるだけでわずかに表情は変わります。上の「バランス」と言う話を前提とすると「思考のタネ」が生まれます。

 

例えばカジュアルなインディゴデニムと組み合わせるのだから、「バランス」をとるために「ブロードシャツを選ぼう」と考えたり。

 

色々なパターンがあるのでもちろん一概に「インディゴデニムにはブロードシャツ」とひとくくりに言えません。(使う靴や小物でバランスを取ることもできるからです)
ただ単純にパンツとシャツだけで仮にバランスを考えるのであれば、カジュアルなインディゴデニムを「おとなっぽく引き締める」ために「トップスはドレスライクなブロードシャツを選ぶ」という選択ができます。

 

アメカジ的にオックスフォードとデニムパンツを合わせてももちろん格好良いですが、その場合は色やデザインやつかう小物など、他部分でドレスライクにまとめないと「大人っぽくオシャレな印象」はなかなか獲得できないでしょう。例えば靴に革靴を選ぶとかね。

 

一方で例えばスラックスを使うのであれば、ブロードシャツを使うと「仕事帰り」の様にも感じてしまいます。「ドレスすぎない様にバランスをとるために、ここはオックスフォード素材を選ぼう」と選択ができます。

 

こうしてメンズファッションは細分化してみることが出来ると、論理的な思考の元に組み合わせを作れる様になります。するとファッションはゲームやパズルの様に感じることが出来、極端に面白くなります。

 

「なんとなくブロードを選ぶ」「なんとなくオックスフォードを選ぶ」
もちろんそれでも場数を踏んで感覚的にマスターすればオシャレにはなれるでしょう。しかし感覚は吹けば飛ぶものが多い。「本当にこれが正解なのか・・・」「本当に僕はオシャレなのかどうか・・・」と疑問と不安が付いて来るものです。

論理に裏付けされた思考の元に服を選択していると、自信がつきます。
「これをこういう考えのもと合わせているから」と裏付けがあると堂々とした自信も生まれるものです。自信が生まれると精神性は高まります。背筋を伸ばして歩き、女性を前にしても恥ずかしがらずに目を見て喋れます。

思考のタネを持つことでGUのシャツも、感覚や「なんとなく」ではなく、用途に応じた確かな選択が可能になります。

 

一昔前と違うGUのクオリティ

 

GUのメンズ服は最近とても良くなってます。トレンドも早く取り入れるし、素材感も上々。値段に対して品質は明らかに高くなっています。一昔前は「値段相応の量販店の安服」でしかありませんでしたが、最近は30代以上の大人でも使用に耐えられるアイテムが多く揃ってます。昔のイメージを引っ張らず、GUに行って服を見ると驚きますよ。

シャツもブロードもオックスフォードも、形も素材も非常に良い出来。
安いからといってテキトーな無駄な買い物をするのではなく、こうした論理的な選択が出来る様になると良いですね。是非ご参考に。

 

 

教科書の様に読んで「おしゃれ」をマスターする唯一無二のメルマガ

 

毎週日曜日配信のメールマガジン「現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断」では、具体的なアイテムや着こなしまで指南した内容を毎週なんと5万文字程度のボリュームで配信しています。

 

月540円で、雑誌などよりも遥かに具体的なファッション指示書が送られてきます。

 

 

想像してみてください。

周りの友人から「最近なんでそんなおしゃれになったの?」と言われているあなたを。洋服屋さんに入ってショップスタッフに話しかけられてもビクビク臆せず対応できるあなたを。普段なら気負う様な高級レストランでも彼女を堂々とエスコートできるあなたを。

 

それらが実現できるようにフルサポートするのがこのメルマガです。
ユニクロなどのファストファッションでおしゃれをする内容はもちろん、今のトレンドやファッション情報を網羅したもの。中にはQ&Aやコーディネート診断など個別の悩みにも答えるコンテンツも用意しています。

 
 

試し読みをして気に入らなければ初月解約で全く構いません。

タダで読んで辞めたければ当月で辞めてください。全く構いません。
私はこれで日本のメンズファッションを変えるつもりです。
10年以上かけて構築した論理であり絶対の自信があります。
騙されたと思って読んでください。

 

おかげさまで日本最大のメルマガ配信スタンド、
「まぐまぐ」様のメルマガランキングでは人気第2位となりました。(日本のメルマガの金字塔である堀江貴文さんが第3位)

 

登録は上部メニュー「メールマガジンはこちら」から、もしくは下記リンクよりどうぞ。

 

メールマガジンはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 【初めてこのサイトに来た人へ】最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは?
  2. 連載媒体mine、4月1日より値上げします!!読むなら今がオススメ!!

おすすめ記事

広告

関連記事

カテゴリー

  1. アイウェア編

    実は似合わない人はいない?「メガネ」が似合う様になる方法!
  2. 40代50代のためのおしゃれ指南

    【クールビズの「最適解」を狙え!!】同僚から「なんか最近オシャレだね」と褒められる唯一のチャンスが「クールビズ」!!
  3. 素材について

    なぜ昔の貴族は召使いに着替えを手伝わせていたのか?
  4. 雑記

    開設5年目、ようやくKnowerMagリニューアルいたします。
  5. 雑記

    ショップスタッフのほとんどは職を失う??アパレル大リストラ時代において販売員が進化する道とは??
PAGE TOP